第2回:いよいよ新ブランドの「BMW i」が始動! 
インポーターに聞きました〜BMW&MINI編〜 

2013.02.15 JAIA輸入車試乗会2013

第2回:いよいよ新ブランドの「BMW i」が始動! インポーターに聞きました〜BMW&MINI編〜

 
第2回:いよいよ新ブランドの「BMW i」が始動! インポーターに聞きました〜BMW&MINI編〜

新型「3シリーズ」がカー・オブ・ザ・イヤーの輸入車部門を受賞。MINIブランドも過去最高の販売を記録するなど、華やかなニュースに沸いたBMWグループの2012年。今年はついに、ハイブリッド車や電気自動車を主体とする新ブランド「BMW i」も旗揚げされるという。BMWとMINIの最新事情を、2人のスタッフに聞いた。

ガソリン、ハイブリッド、クリーンディーゼルと多彩なパワーユニットの展開で人気を集めた「3シリーズ」。海外のモーターショーでは2ドアクーペの「4シリーズ」もお披露目されているが、日本に来るのはかなり先のよう。
ガソリン、ハイブリッド、クリーンディーゼルと多彩なパワーユニットの展開で人気を集めた「3シリーズ」。海外のモーターショーでは2ドアクーペの「4シリーズ」もお披露目されているが、日本に来るのはかなり先のよう。
「BMW i」とは、プラグインハイブリッド車や電気自動車などで構成される、BMWの新ブランド。写真は、その先陣を切ることとなる「i3」のコンセプトカー。この段階では航続距離160kmの純EVとして発表されていた。
「BMW i」とは、プラグインハイブリッド車や電気自動車などで構成される、BMWの新ブランド。写真は、その先陣を切ることとなる「i3」のコンセプトカー。この段階では航続距離160kmの純EVとして発表されていた。
BMWについての質問に答えていただいた、BMWジャパン広報室の星川聡さん。「駆けぬける歓びを体感してほしい」とのことで、メッセージボードには「JOY」の3文字をいただきました。
BMWについての質問に答えていただいた、BMWジャパン広報室の星川聡さん。「駆けぬける歓びを体感してほしい」とのことで、メッセージボードには「JOY」の3文字をいただきました。

BMW:躍進を支えるハイブリッドとクリーンディーゼル

――2012年の日本におけるBMWの販売はいかがでしたか?

販売台数はおかげさまで4万1102台、対前年比約20%増を達成いたしました。

――現在、販売をけん引している車種、イチオシの車種はどのモデルですか?

中核モデルである「3シリーズ」の販売が特に好調です。また、3シリーズを含む全6車種のクリーンディーゼルモデル「BMWブルーパフォーマンス」も販売を押し上げる要因の一つとなりました。

――今年導入を予定している車種、注目の車種を教えてください。

現段階でご案内できるモデルとしましては、5月に「M6グランクーペ」を導入します。また、時期は未定ですが、「Z4」のマイナーチェンジも予定しております。
このほかにも、2013年内には電気モーター駆動の次世代自動車となるメガシティービークル「BMW i3」を発表予定です。こちらの発売は年をまたいでしまいますが(2014年初頭を予定)、ぜひ期待していてください。

――新ブランドの「BMW i」がいよいよ展開されますね。

はい。「BMW i」は、クルマそのものだけでなく、さまざまなサービスを含めたビジネス全体を通して、サステイナブルなモビリティーをけん引するようなブランドにしたいと考えております。
余談ですけど、BMWはタイムズ24のカーシェアリングに電気自動車の「ActiveE」を提供しているんですよ。首都圏にお住まいの方は、ぜひ利用してみてください。

――全国のwebCG読者に一言お願いします。

BMWでは、注目のハイブリッド車やクリーンディーゼル車を多数ラインナップしておりますので、ぜひ一度、BMW正規ディーラーへお越しいただき、BMWの「駆けぬける歓び」をご体感いただければと思います。
また直近では、BMWがオフィシャルスポンサーを務める「東京マラソン2013」(2月24日開催)に、大会車両として数々のハイブリッド車やクリーンディーゼル車を提供しております。BMWがランナーの皆さまと共に42.195kmを駆けぬけますので、ぜひご注目ください。

従来のMTに加え、6段ATがラインナップに追加された「ジョンクーパーワークス」シリーズ。写真は2シーターの「MINIジョンクーパーワークス クーペ」だ。
従来のMTに加え、6段ATがラインナップに追加された「ジョンクーパーワークス」シリーズ。写真は2シーターの「MINIジョンクーパーワークス クーペ」だ。
3月2日に発売予定の「MINIペースマン」(2月13日発表)。デトロイトショーでは、早くもジョンクーパーワークスモデルがお披露目されている。(写真=工藤考浩)
3月2日に発売予定の「MINIペースマン」(2月13日発表)。デトロイトショーでは、早くもジョンクーパーワークスモデルがお披露目されている。(写真=工藤考浩)
MINIについてインタビューに対応してくださったBMWジャパン広報室の前田雅彦さん。MINIのダカールラリー2連覇おめでとうございます!
MINIについてインタビューに対応してくださったBMWジャパン広報室の前田雅彦さん。MINIのダカールラリー2連覇おめでとうございます!

MINI:クロスオーバーともハッチバックとも違う「ペースマン」登場!

――2012年の日本市場におけるMINIの販売状況はいかがでしたか?

おかげさまで、過去最高の登録台数を記録することができました。

――現在、販売をけん引している車種、イチオシの車種はどのモデルですか?

2011年に販売が開始された「MINIクロスオーバー」が非常に好調です。MINIブランドの中で一番売れているモデルで、今や販売の半数近くを占める勢いなんですよ。

――今年導入を予定している車種、注目の車種を教えてください。

昨年末より、今までMT仕様しかなかった「ジョンクーパーワークス」モデルに、AT仕様がラインナップされました。またMINIとして7番目のモデルとなる「MINIペースマン」も発売します。クロスオーバーともハッチバックとも違う、オシャレで個性的なクルマですので、楽しみにしていてください。

――全国のwebCG読者に一言お願いします。

2002年にハッチバックだけで登場したMINIは、本年いよいよ7モデル目が誕生します。お客さまのライフスタイルにあったMINIをお選びいただけますので、ぜひ一度MINI正規ディーラーへお気軽にお越しください。

(インタビューとまとめ=webCG 堀田/写真=田村弥)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • アウディS5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.16 試乗記 アウディの2ドアスポーツクーペ「S5クーペ」が新型にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームとパワートレインが織り成す走りはいかなるものか。最高出力354ps、最大トルク500Nmという高性能モデルの、意外な素顔を紹介する。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
ホームへ戻る