第1回:新車攻勢の主役はずばり新型「ゴルフ」 
インポーターに聞きました〜フォルクスワーゲン編〜 

2013.02.15 特集

第1回:新車攻勢の主役はずばり新型「ゴルフ」 インポーターに聞きました〜フォルクスワーゲン編〜 

単一ブランドとして唯一5万台の大台をクリアするなど、好調ぶりを維持しているフォルクスワーゲン。今年も期待のニューフェイスが目白押しだが、なかでも注目せずにはいられないのが、輸入車界の大御所である「あのクルマ」のモデルチェンジだろう。

今年の主役はなんといっても7代目「ゴルフ」

――2012年はフォルクスワーゲンにとってどんな年でしたか?

「up!」を筆頭に「ザ・ビートル」「パサート オールトラック」「CC」といった新型車を導入したことで、これまで以上にさまざまなニーズに応えられるモデルラインナップになりました。販売台数も2003年以来およそ10年ぶりに5万6000台を突破する事ができましたし、着実な成長を実感できる1年でした。

――現在、販売をけん引している車種、イチオシの車種はどのモデルですか?

「ポロ」や「ゴルフ」、up!に加え、ブランドのアイコンであるザ・ビートルなどが好調です。とくにup!は、昨年の10月から今年1月までの3カ月間だけで、6500台も受注をいただきました。都市部だけでなく地方でも好評で、例えば、ひとりに一台というご家庭で「家のクルマが全部軽自動車というのもねぇ……」というお客さまに選んでいただいているようです。

また直近では、FF仕様の「ティグアン」などがとても人気ですね。up!もそうなのですが、「フォルクスワーゲンがこの値段で!?」と、お客さまに喜ばれています。

――今年導入を予定している車種、注目の車種はありますか?

北米で先行デビューした「ザ・ビートル カブリオレ」が春ごろに、7世代目に進化したゴルフが夏ごろに日本でデビューする予定です。特に新型ゴルフは、ひと足先に発売された地域ではいずれも高い評価をいただいていますし、ジュネーブショーではワゴンの「ゴルフヴァリアント」も登場の予定です。

また、まだ具体的なお話はできませんが、今後はディーゼル車やマニュアルトランスミッション車についても積極的に導入を検討中です。幅広いバリエーションを通して、お客さまに喜んでいただけるように頑張りたいと思います。

――全国のwebCG読者に一言お願いします

今年はザ・ビートル カブリオレ、新型ゴルフなど、皆さまのモーターライフをより一層ワクワクさせるモデルがデビューする予定です。これからもフォルクスワーゲンファンのみならず、多くのお客さまに、すてきなライフスタイルをご提案できるモデルラインナップにしてまいりますので、引き続きご注目ください。

(インタビューとまとめ=webCG 堀田/写真=田村弥)

第1回:新車攻勢の主役はずばり新型「ゴルフ」 インポーターに聞きました〜フォルクスワーゲン編〜 の画像
女性ユーザーが「決め打ち」で購入することも多いという「up!」。149万円からという価格や、衝突回避支援システムの標準装備などでも話題をさらった。
女性ユーザーが「決め打ち」で購入することも多いという「up!」。149万円からという価格や、衝突回避支援システムの標準装備などでも話題をさらった。
「ティグアン」は、339万円という価格と、14.6km/リッターの低燃費が自慢のFFモデル「TSIブルーモーション」が人気とのこと。
「ティグアン」は、339万円という価格と、14.6km/リッターの低燃費が自慢のFFモデル「TSIブルーモーション」が人気とのこと。
日本でも注目の的となっている新型「ゴルフ」。本国ではすでに4WD車が発表されたほか、「ゴルフヴァリアント」もデビューを控えるなど、ラインナップの拡充が進んでいる。(写真=フォルクスワーゲン)
日本でも注目の的となっている新型「ゴルフ」。本国ではすでに4WD車が発表されたほか、「ゴルフヴァリアント」もデビューを控えるなど、ラインナップの拡充が進んでいる。(写真=フォルクスワーゲン)
取材に対応していただいた、フォルクスワーゲン グループ ジャパン広報部の池畑浩さん。「今年はフォルクスワーゲンの日本導入60周年。ぜひフォルクスワーゲンで、輸入車の楽しさ、気持ちよさを知ってください!」とのことでした。
取材に対応していただいた、フォルクスワーゲン グループ ジャパン広報部の池畑浩さん。「今年はフォルクスワーゲンの日本導入60周年。ぜひフォルクスワーゲンで、輸入車の楽しさ、気持ちよさを知ってください!」とのことでした。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2013」の過去記事リストへ