第45回:ビンラディン発見のカギはスーパーカーだった!?
『ゼロ・ダーク・サーティ』

2013.02.13 エッセイ

第45回:ビンラディン発見のカギはスーパーカーだった!? 『ゼロ・ダーク・サーティ』

2010年5月の事件を映画化

東日本大震災を題材にした映画を観にいって、ガッカリしたことがある。あまりにも悲惨で衝撃的な現実を消化できておらず、作品として中途半端なものになってしまっていた。ある程度の時間を経ないと、大きな事件をフィクションへと熟成させるのは難しいのかもしれない。そう思ったのだが、この映画を観て考えを変えた。『ゼロ・ダーク・サーティ』は、オサマ・ビンラディンの捜索と殺害を描いた作品である。パキスタンにあった隠れ家をネイビーシールズが襲撃したのは、2011年5月1日のことだった。ごく最近の出来事なのに、映画として、ある意味のエンターテインメントとして、十分に成立していたのだ。

アカデミー作品賞の『ハート・ロッカー』を撮ったキャスリン・ビグロー監督の最新作だ。今回も、アカデミー賞には5部門でノミネートされている。当初アメリカでは昨年10月に公開される予定だったが、今年1月に延期された。この映画がオバマ大統領の最大の“成果”を扱っているので、11月の大統領選に影響を与えると批判されたことが理由だ。映画自体が、現在進行形の生々しい事件だとも言える。

もうひとつ論争となったのが、拷問の描き方だった。映画の冒頭から、捕虜を水責めにするシーンが登場する。情報を吐かせるためにCIAがこうした手法をとったのは広く知られている事実だが、彼らはそれを“強化尋問技術”と呼んでいる。公式には拷問ではないことになっているのだ。肉体的苦痛を与えることによる尋問は明らかに人道に反する行いだが、これが有効であるという印象を作り出すためにCIAが情報操作をしていると指摘する声がある。

Jonathan Olley(c)2012 CTMG. All rights reserved.
第45回:ビンラディン発見のカギはスーパーカーだった!? − 『ゼロ・ダーク・サーティ』

第45回:ビンラディン発見のカギはスーパーカーだった!? − 『ゼロ・ダーク・サーティ』
第45回:ビンラディン発見のカギはスーパーカーだった!? − 『ゼロ・ダーク・サーティ』

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。