「アウディTT RS」がより高性能に進化

2013.02.12 自動車ニュース
「アウディTT RSプラスクーペ」
「アウディTT RS」がより高性能に進化

「アウディTT RS」がより高性能な「プラスクーペ」に進化

アウディジャパンは2013年2月12日、「TT」の高性能モデルである「TT RSクーペ」の装備、仕様を変更。名称も「TT RSプラスクーペ」と改め、販売を開始した。

 
「アウディTT RS」がより高性能に進化

今回の改良では、10.0km/リッター(JC08モード)の燃費性能はそのままに、動力性能を向上。2.5リッター直5ターボエンジンは、最高出力が360ps(従来比+20ps)、最大トルクが47.4kgm(同+1.5kgm)となった。これに組み合わされるトランスミッションは、7段デュアルクラッチ式セミATの「Sトロニック」、駆動システムは「クワトロ」フルタイム4WDと、いずれも従来モデルを踏襲。0-100km/h加速タイムは4.1秒となり、これまでより0.2秒短縮された。

装備も見直されており、Bluetooth通信やスマートフォンとの連携機能を追加した、DSRC(ITSスポット)対応のSDナビが新たに採用された。これにより、道路交通情報や安全運転支援などに関する道路情報提供サービスを受けることが可能となっている。オーディオ機能については、ステアリングホイールのスイッチで操作ができるようになったほか、MP3やWMAなどの音源フォーマットに対応。USBとRCAの端子を介して、様々な機器の接続が可能となった。

エクステリアでは、ハイグロスブラックのグリルとマットアルミニウムのフレームを組み合わせたシングルフレームグリルを新たに採用。サイドミラーのアウターカバーがカーボンとなったほか、リアにはオーバル形状の大口径のスポーツエキゾーストと、それに合わせたリヤディフューザーインサートを採用した。

ボディーカラーは既存の7色に加え、「パンサーブラッククリスタル」を追加設定。ホイールには新たにチタンルックを採用したほか、オプションでスポーク部をブラック、リムをレッドにペイントしたものも用意している。

ハンドル位置は右と左の両方を用意。価格は890万円となっている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

TT RSクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディTTクーペ 2.0 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】 2015.10.30 試乗記 アウディのコンパクトクーペ&ロードスター「TT」が、フォルクスワーゲングループの「MQB」モジュールを用いた3代目にモデルチェンジ。クーペの4WDモデルに試乗し、ブランドイメージをけん引する本格スポーツカーへの脱皮をもくろむ、新型の実力をはかった。
  • パリモーターショー2016の会場から(その10) 2016.10.4 画像・写真 パリモーターショー2016で、アウディは最高出力400psを誇る「RS 3セダン」をワールドプレミアした。そのほか、「S5/S5スポーツバック」「TTRS」「S1」などのスポーツモデルを一挙に展示した。
  • アウディが「TT」と「TTS」の限定モデルを発売 2016.8.23 自動車ニュース アウディ ジャパンは2016年8月23日、「アウディTT」シリーズに、2種の限定モデルを設定。1.8リッターの「TTクーペ1.8 TFSI 1st edition」と2リッターの「TTSクーペ urban sport limited」を同時に発売した。
  • アウディTTSクーペ/TTクーペ/TTロードスター【試乗記】 2015.8.20 試乗記 3代目となる「アウディTT」シリーズが国内でデビュー。初代をほうふつさせるデザインと先進的なインテリアが目を引く、新型コンパクトスポーツの仕上がりは? 正式発表を前に、北海道・十勝スピードウェイで試乗した。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
ホームへ戻る