「アウディTT RS」がより高性能に進化

2013.02.12 自動車ニュース
「アウディTT RSプラスクーペ」
「アウディTT RS」がより高性能に進化

「アウディTT RS」がより高性能な「プラスクーペ」に進化

アウディジャパンは2013年2月12日、「TT」の高性能モデルである「TT RSクーペ」の装備、仕様を変更。名称も「TT RSプラスクーペ」と改め、販売を開始した。

 
「アウディTT RS」がより高性能に進化

今回の改良では、10.0km/リッター(JC08モード)の燃費性能はそのままに、動力性能を向上。2.5リッター直5ターボエンジンは、最高出力が360ps(従来比+20ps)、最大トルクが47.4kgm(同+1.5kgm)となった。これに組み合わされるトランスミッションは、7段デュアルクラッチ式セミATの「Sトロニック」、駆動システムは「クワトロ」フルタイム4WDと、いずれも従来モデルを踏襲。0-100km/h加速タイムは4.1秒となり、これまでより0.2秒短縮された。

装備も見直されており、Bluetooth通信やスマートフォンとの連携機能を追加した、DSRC(ITSスポット)対応のSDナビが新たに採用された。これにより、道路交通情報や安全運転支援などに関する道路情報提供サービスを受けることが可能となっている。オーディオ機能については、ステアリングホイールのスイッチで操作ができるようになったほか、MP3やWMAなどの音源フォーマットに対応。USBとRCAの端子を介して、様々な機器の接続が可能となった。

エクステリアでは、ハイグロスブラックのグリルとマットアルミニウムのフレームを組み合わせたシングルフレームグリルを新たに採用。サイドミラーのアウターカバーがカーボンとなったほか、リアにはオーバル形状の大口径のスポーツエキゾーストと、それに合わせたリヤディフューザーインサートを採用した。

ボディーカラーは既存の7色に加え、「パンサーブラッククリスタル」を追加設定。ホイールには新たにチタンルックを採用したほか、オプションでスポーク部をブラック、リムをレッドにペイントしたものも用意している。

ハンドル位置は右と左の両方を用意。価格は890万円となっている。

(webCG)

関連記事 ホームへ戻る