第263回:あの「豪華客船座礁事故」の島に行って思ったこと

2012.09.21 エッセイ

第263回:あの「豪華客船座礁事故」の島に行って思ったこと

クルーズ客船「コスタ・コンコルディア号」

2012年日本を騒がせたイタリア関連ニュースの代表といえば、間違いなく豪華客船の座礁事故だろう。
1月13日夜のことだった。イタリアのコスタ・クロチェーレ社が所有するクルーズ客船「コスタ・コンコルディア」がトスカーナ南部ジリオ島の浅瀬に乗り上げて浸水、転覆。乗客・乗組員合わせて4299人のうち30人が死亡、2人が行方不明となった事故である。
事故発生後1時間近く経過した後に避難命令がアナウンスされたことに加え、客船のスケッティーノ船長が乗客救助を後まわしにして下船していたとされる報道は記憶に新しい。

イタリアではその後、さまざまな関連ニュースが続いた。例えばスケッティーノ船長が事故当時、モルドバ人女性と船内のレストランで食事をしていたとされる話がクローズアップされた。この女性は以前クルーとして乗務していたが、今回は休暇扱いで、それも乗船名簿に記載されていなかったという。

スケッティーノ船長は今も自宅勾留のまま海難審判を待つ身だが、7月には民放テレビ「カナーレ5」のインタビューに登場。犠牲者に哀悼の意を表したものの、同時に「私自身も被害者」「これは事故であり、犯罪ではない」とも弁明した。さらにジリオ島民に“あいさつ”するため意図的に航路を逸脱し、陸側を航行したという事実も否定した。

クルーズ船旅行ビジネスも話題となった。
「2012年の予約は、事故の影響で壊滅的打撃を被る」という当初予想とは裏腹に、各社とも2012年7月と8月は満員となった。各社が割引価格を次々と打ち出したことが市場の活性化につながったらしい。

同時に活況といえば、事故現場となったジリオ島への観光客の数にも注目が集まった。ウェブニュースサイト「TMニュース」が8月初旬に伝えたところによると「座礁事故の後に島を訪れた観光客は明らかに増えた」とジリオ島の村長が証言している。また、同ニュースによると座礁船の近くを通るボートツアーも客が倍増したという。

それで思い出すのは、ボクの知り合いでシエナに住む定年退職者のおじさんだ。ある日息子を連れて、ジリオ島まで日帰りで行ってきたという。このおじさん、日頃は隣町のフィレンツェにも行かない人だけに、ボクは驚いたのだ。

座礁したコスタ・コンコルディア号。あらわになった船の側面には作業用の階段が設置されていて、その日も作業員が頻繁に行き来していた。
第263回:あの「豪華客船座礁事故」の島に行って思ったこと
本土からのフェリーが到着する港。
第263回:あの「豪華客船座礁事故」の島に行って思ったこと
東京・品川区ほどの広さしかない島内で、最も簡便な足はスクーターである。
第263回:あの「豪華客船座礁事故」の島に行って思ったこと

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。