ホンダが2013年のモータースポーツ計画を発表

2013.02.08 自動車ニュース
ホンダ系チームからSUPER GTや全日本選手権スーパーフォーミュラシリーズに参戦する、レーシングドライバーの面々。
ホンダが2013年のモータースポーツ計画を発表

ホンダが2013年のモータースポーツ計画を発表

本田技研工業は2013年2月8日、東京・青山の本社で記者会見を開き、2013年のモータースポーツ活動体制を発表した。

世界ツーリングカー選手権の参戦マシン「シビックWTCC」。写真左に見える1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する。
世界ツーリングカー選手権の参戦マシン「シビックWTCC」。写真左に見える1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する。
「シビックWTCC」を駆る、ティアゴ・モンテイロ(写真左)とガブリエル・タルキーニ。
「シビックWTCC」を駆る、ティアゴ・モンテイロ(写真左)とガブリエル・タルキーニ。
ホンダの青山本社に展示された「オートバックス・レーシング・チーム・アグリ」のGT300マシン「CR-Z GT」。
ホンダの青山本社に展示された「オートバックス・レーシング・チーム・アグリ」のGT300マシン「CR-Z GT」。

■2012年よりも強化

「ホンダがホンダらしく成長するためには、やはりモータースポーツが欠かせません。そして世界を見ても、これほどモータースポーツに取り組んでいるメーカーはない、と自覚しています」
発表会は、気合のこもった伊東孝紳社長のあいさつで始まった。

そんなホンダの2013年シーズンでまず注目されるのは、昨年スポット参戦を果たした、世界ツーリングカー選手権(WTCC)だ。いよいよ今季は、「シビックWTCC」2台のワークス体制でフル参戦(ドライバー:ティアゴ・モンテイロ、ガブリエル・タルキーニ)。ドライバーズタイトル、マニュファクチャラーズタイトル両方の獲得を目指すという。さらに、ハンガリーのプライベートチーム「ゼングー・モータースポーツ」に車両を供給することも決まっている。

国内の最高峰レースであるSUPER GT選手権にも、引き続き参戦する。GT500クラスは昨年と変わらない5チーム体制で、マシンはいずれも「HSV-010 GT」。ただし、各チームのドライバーには交代が見られる。
「オートバックス・レーシング・チーム・アグリ(ARTA)」は、小林崇志に代えて松浦孝亮を新たに起用。「チームクニミツ」の山本尚貴は「ウイダー・モデューロ童夢レーシング」に移籍しフレデリック・マコヴィッキィとタッグを組み、小暮卓史が「チームクニミツ」に加入。「エプソン・ナカジマ・レーシング」には中嶋大祐が新たに加わり、道上 龍のチームメイトとなる。

また、2010年から参戦し続けてきた「HSV-010 GT」の、今季限りでの引退もアナウンスされた。2014年からは、国内外で既に公開されている“新型NSX”こと「NSXコンセプト」をベースとしたマシンで、同カテゴリーを戦うことになる。

なお、GT300クラスのマシンは、昨年から登場したハイブリッドカーの「CR-Z GT」。今年は「チーム無限」と「オートバックス・レーシング・チーム・アグリ」の2チームをサポートする予定だ。

佐藤琢磨も登壇。インディカー・シリーズでの必勝を誓った。
佐藤琢磨も登壇。インディカー・シリーズでの必勝を誓った。
ホンダは現在、新型軽「N-ONE」を使った参加型モータースポーツも準備中。2014年には、シリーズ化する計画だという。
ホンダは現在、新型軽「N-ONE」を使った参加型モータースポーツも準備中。2014年には、シリーズ化する計画だという。

■F1については「勉強中」

この日の会場には、二輪・四輪両カテゴリーのライダーとドライバーが勢ぞろい。毎年その去就が注目される、元F1ドライバーの佐藤琢磨も姿を見せた。
今季は、4年目となるインディカー・シリーズに「A.J.フォイト・レーシング」から参戦する。「昨年は勝てるチャンスがあった。今年こそは狙っていきたい」と前向きなコメントを残した琢磨は、さらに、ホンダがエンジンを供給する全日本選手権スーパーフォーミュラシリーズ(旧フォーミュラ・ニッポン)にもスポット参戦することが決まっている。

その他、ホンダのモータースポーツ活動として、新型軽自動車「N-ONE」を使った参加型モータースポーツを検討していることや、エコランレースなどへの取り組みについても触れられたが、質疑応答の時間で聞かれたのは、やはり(?)「今後のF1参戦計画」だった。
伊東社長いわく、「(満足のいく戦績を残せないまま撤退したので)悔しい思いは持ち続けています」「目標は設けたいが……いまは……一生懸命に勉強している最中ですな」。
意味深げに笑って、そう答えるにとどまった。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。