新型「フォード・フォーカス」が日本上陸

2013.02.07 自動車ニュース

フォード、Cセグメントハッチバックの新型「フォーカス」を発売

フォード・ジャパン・リミテッドは2013年2月7日、新型「フォーカス」を4月13日に発売すると発表した。

「フォーカス」は1998年の初代デビュー以来、世界累計販売1000万台以上を記録するフォードの主力車種である。日本でもかつて初代と2代目が販売されていたが、2008年に販売を終了していた。今回、およそ5年ぶりに日本に上陸した新型フォーカスは、初代から数えて3代目のモデルにあたり、フォードが「One Ford」戦略のもとに開発した初のグローバル・コンパクトとして、世界120カ国以上で販売される。

海外仕様には4ドアセダンなども存在するが、日本で販売されるのは5ドアハッチバックのみ。全長×全幅×全高=4370×1810×1480mm、ホイールベース=2650mmのボディーは、上下二分割の台形グリルや切れ長のヘッドランプなど、フォードのデザインコンセプトである「キネティック・デザイン」にのっとったスタイリングが特徴となっている。

パワートレインは、直噴システムや吸排気可変バルブタイミング機構を備えた2リッター直4エンジンと、デュアルクラッチ式6段セミATの組み合わせで、170ps/6600rpmの最高出力と、20.6kgm/4450rpmの最大トルクを発生。アンダーステアを軽減する「トルクベクタリングコントロール」や、軽さと剛性を両立したボディー構造とも相まって、優れた動力性能を発揮する。また、燃費性能も重視しており、エンジンには低速走行時などの燃料供給量を抑える「ADFSO(Aggressive Deceleration Fuel Shut-Off:減速時燃料遮断機構)」が装備される。

一方で、空力性能に優れたボディー設計やサスペンションのチューニング、遮音材の追加などにより、車内の静粛性や快適性も追及。自動ブレーキにより追突事故を回避、もしくはダメージを軽減する「アクティブ・シティ・ストップ」を全車に採用するなど、安全装備も充実している。

ラインナップは、スポーティーなエアロパーツやリアスポイラー、17インチホイールなどを備えた「Sport」の1グレードのみ。ハーフレザーシートや左右独立温度調節付きオートエアコン、9つのスピーカーを備えたプレミアムサウンドシステムなどを標準装備している。

ハンドル位置は右のみで、価格は293万円となっている。

(webCG)

→新型「フォード・フォーカス」のさらに詳しい写真はこちら

新型「フォード・フォーカス」
新型「フォード・フォーカス」

新型「フォード・フォーカス」が日本上陸の画像

新型「フォード・フォーカス」が日本上陸の画像

新型「フォード・フォーカス」が日本上陸の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る