第282回:イタリア流! 最新、新旧「フィアット500」の改造法を見よ

2013.02.08 エッセイ

第282回:イタリア流! 最新、新旧「フィアット500」の改造法を見よ

アバルトもメタンガス仕様

2012年12月に開催されたボローニャモーターショーでのことだ。あるブースに、「アバルト500」のコンペティション仕様が展示されていた。「はいはい、どこかのレーシングチームかチューニングショップのアイキャッチね〜」と通り過ぎようと思ったら、隣のクルマの車内からキレイな脚が見えている。「取りあえずコンパニオンだけ写真を撮っておくか」と思ってクルマに近づき、カメラのレンズを向けた。
すると、脇からひとりの男性がすかさずボクのもとにやってきた。思わずボクは「か、彼女に、何にもしてません」と声をあげようとした。しかし男性はセキュリティー要員ではなく、展示ブースの説明員だった。そして「こっちも見てって」と、先ほどの500のテールゲート側にボクをいざなう。見ると、ラゲッジスペースに巨大タンクが収まっているではないか。

「メタン仕様のアバルトです」

そのブースは「ecomotori.net」というエコカーを推進するポータルサイトのものだった。イタリアでは1960年代からLPGスタンドが普及し、一般ユーザーでもLPG併用仕様に改造するドライバーが多かった。現在もLPGスタンド数は欧州内で最も多い。
昨今は環境保護の優遇税制が、普及をさらに後押ししている。その流れでメタンガススタンドの普及もめざましく、こちらも今日までに周辺諸国を圧倒する946のスタンドを数えている。したがって、ボクの周囲にもメタン仕様に改造した人や、メーカー自身が設定するメタン仕様車を買い求めた人が少なくない。以前「クーペフィアット」をLPG仕様に改造して燃費の悪さを克服したイタリア人ファンを取材したことがあるが、ついにアバルトも、アフターマーケット品使用とはいえメタン改造版登場とは。

しかしながら、もっと驚いたのはタンクである。日本のタクシーのトランク内を見ればわかるように、一般的にガスタンクはスチール製だ。しかし、そのアバルト500のタンクは、グラスファイバーとカーボンの複層素材が採用されている。これによって、タンクの重量を従来の約90kgから3分の1の30kgにまで低減することに成功している。
先ほどの男性スタッフによると、「新素材タンクはバスなどでは10年ほど前から使用されていたものの、価格が高かった。最近ようやく一般車にも使えるようになりました」と説明してくれた。

ecomotori.netの活動は、啓発サイトを運営しているだけでない。北部ロンバルディア州などの後援を得て、FIAやイタリアの競技団体ACI/CSAIが主催する「オルタナティブ エナジー カップ」に参戦している。展示されていたアバルト500は何を隠そう、そのためのマシン「エコアバルト」で、2012年にクラス優勝している。
たとえ燃料が高騰しても走りを忘れない、イタリア人のパッションがカタチになったような一台だ。

2012年12月のボローニャモーターショーで。このコンパニオンのお姉さんがいたのは……。
第282回:イタリア流! 最新、新旧「フィアット500」の改造法を見よ
ここは、エコカーを推進するサイトのブースだった。これが「アバルト500」をベースにした「エコアバルト」コンペティション仕様。2012年の「FIA オルタナティブ エナジー カップ」でクラス優勝を果たした。
第282回:イタリア流! 最新、新旧「フィアット500」の改造法を見よ
後部に搭載されたメタン用タンクは、FRP+カーボンで重さはわずか30kg。
第282回:イタリア流! 最新、新旧「フィアット500」の改造法を見よ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。