【スペック】全長×全幅×全高=4645×1910×1660mm/ホイールベース=2810mm/車重=1910kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ(224ps/4500-6250rpm、35.7kgm/1500-4500rpm)/燃費=12.5km/リッター(JC08モード)/価格=579万円(テスト車=699万5000円)

アウディQ5 2.0TFSIクワトロ(4WD/8AT)【試乗記】

弱みを見せないプレミアム 2013.02.12 試乗記 アウディQ5 2.0TFSIクワトロ(4WD/8AT)
……699万5000円

新エンジンの搭載などにより、プレミアムSUVとしての魅力にさらに磨きをかけた「アウディQ5」。従来モデルからの進化の度合いを、2リッター直噴ターボ搭載車で試した。

スキが見当たらない

『日曜洋画劇場』の解説で知られる淀川長治氏は、どんな作品でもなにかしら美点を見つけ出してほめていた。これから観る映画を楽しみにしている人に対し、ネガティブなことを言いたくなかったのだろう。クルマだって、なるべくいいところを見つけて紹介したい。欠点に目をつぶるわけにはいかないが、どんなクルマだってチャーミングな部分はあるはずだ。

可能なかぎり優しい目でクルマに対するようにしているが、「アウディ」には少しばかり意地悪な視線を向けることにしている。なかなかスキが見当たらないので、うっかりするとほめまくりの文章になってしまうからだ。それではどうもインプレッションらしくないので、何か弱点はないかと探してしまう。

今回乗った「Q5」も、困ってしまうほどよくできたクルマだ。いわゆる“プレミアムSUV”のジャンルで、アウディの「Qシリーズ」は高いブランド力を獲得している。「Q7」に次いで2009年にQ5が登場し、2012年に加わった「Q3」と合わせて3モデルでラインナップを構成している。エンジンを縦置きする「A4」ゆずりのプラットフォームにクワトロシステムを搭載し、スポーティーなミドルサイズSUVに仕立てたのがQ5だ。

4年目を迎え、デザインとエンジンに変更が加えられた。エクステリアでは「シングルフレームグリル」がアップデートされて六角タイプになり、ヘッドランプの意匠も新しくなった。インテリアにも小変更が施されている。最も大きなトピックはエンジンのパワーアップと低燃費化だ。ダウンサイジングの波に乗り、従来の3.2リッター自然吸気エンジンはスーパーチャージャー付きの3リッターに置き換えられている。

外観で最も大きく変わったのがフロントマスク。外周にLEDポジションランプを配した新デザインのヘッドライトを採用したほか、グリルやバンパーのデザインも新しくなっている。
外観で最も大きく変わったのがフロントマスク。外周にLEDポジションランプを配した新デザインのヘッドライトを採用したほか、グリルやバンパーのデザインも新しくなっている。
内装では、新たにピアノブラックのインストゥルメントパネルを採用。一つの画面でナビゲーションやオーディオなどを制御する「MMI 3G Plus」が全車に装備される。
内装では、新たにピアノブラックのインストゥルメントパネルを採用。一つの画面でナビゲーションやオーディオなどを制御する「MMI 3G Plus」が全車に装備される。
今回の試乗車は「S-Lineパッケージ」装着車。専用のエアロパーツが備わるほか、シートもエンボス加工入りのスポーツシートとなる。
今回の試乗車は「S-Lineパッケージ」装着車。専用のエアロパーツが備わるほか、シートもエンボス加工入りのスポーツシートとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Q5の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る