【スペック】595コンペティツィオーネ:全長×全幅×全高=3655×1625×1515mm/ホイールベース=2300mm/車重=1110kg/駆動方式=FF/1.4リッター直4DOHC16バルブターボ(160ps/5500rpm、21.0kgm/4500rpm)/燃費=13.7km/リッター(10・15モード)/価格=339万円(テスト車=344万円/ボディーカラー<メタリック グレー>=5万円)

アバルト500/595コンペティツィオーネ/595Cツーリズモ【試乗記】

三者三様の楽しさ 2013.02.08 試乗記 アバルト500(FF/5MT)/595コンペティツィオーネ(FF/5AT)/595Cツーリズモ(FF/5AT)
……269万円/344万円/364万円

小さなハイパフォーマンスカー「アバルト500」に、新たな兄弟が続々登場。各モデルの走りを、サーキットで試した。

“走りの500”も今やいろいろ

東京に大雪が降った翌々日、富士スピードウェイのショートサーキットで「アバルトフルラインナップ試乗会」が開催された。「吹雪にでもなったらどうしよう?」と心配もしたが、コース上に雪はなし。せいぜい小雪がちらつく程度で、無事に試乗することができた。

今回の試乗会は、まっさらな新型車の紹介というより、「アバルト500」シリーズのラインナップが見直されたことを知らせるためのもの。その布陣は、「アバルト500」に「アバルト595ツーリズモ/595Cツーリズモ」、「アバルト595コンペティツィオーネ」の計3グレード4台で、そのうち3グレード3台のステアリングを握った。
ひそかに期待していた「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」が“お預け”なのは残念だったけれど、そんなこともすっかり忘れてしまった。試乗した3台がどれも楽しかったからだ。

まず「アバルト500」は、“新型”ではなく“新生”とでも呼ぶべきか。その装備を見直したモデルである。これまで標準だったレザーシートをファブリックシートに、フルオートエアコンをマニュアルエアコンに替えるなど、装備の簡略化を行い、295万円だった価格を269万円にまで下げた。
その理由は至ってシンプルだ。アバルトは、これを走らせて楽しむオーナーの比率が高く、その人たちの多くは、車両を手に入れるとすぐに部品を入れ替えるなど、自分好みのチューニングをしてしまう。ならば、最初からレザーのシートはいらないじゃないか。マニュアルエアコンにして価格が下がるなら、その方がよいだろう、というわけである。
理にかなった価格改定。のどから手が出るほどアバルト500が欲しかった人たちには、本当に朗報だと思う。ちなみに、トランスミッションは5段MTのみとなる。

 
アバルト500(FF/5MT)/595ンペティツィオーネ(FF/5AT)/595Cツーリズモ(FF/5AT)【短評】
「アバルト500」のインテリア。2013年1月より、日本仕様車のシート地はレザーからファブリックに変更された。あわせて、車両本体価格も引き下げられている。
アバルト500(FF/5MT)/595ンペティツィオーネ(FF/5AT)/595Cツーリズモ(FF/5AT)【短評】
シリーズ各モデルは、チューニング別にアウトプットが異なるものの、エンジンルームの眺めは変わらない。写真は「595コンペティツィオーネ」のもの。
アバルト500(FF/5MT)/595コンペティツィオーネ(FF/5AT)/595Cツーリズモ(FF/5AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る