第170回:「日産ノート」メディア対抗エコチャレンジに挑戦

2013.02.05 エッセイ

第170回:「日産ノート」メディア対抗エコチャレンジに挑戦

自動車関連19メディアが参加

学期末に渡される通信簿には、必ずといっていいほど「ちゃんと先生の話を聞きましょう」と書かれていた。遠足の集合場所や始業式の日取りを間違えるなど、幼少の頃の私には説明の重要なポイントを聞き逃してしまうというクセがあった。
しかしそれは、不真面目だからというのではなく、単純に要点を聞き漏らしてしまうだけなのである。実際、始業式は予定よりも1日早く勘違いしてしまい、冬休みを丸一日損したのだから、怠けていたわけではない。

そんな思い出話は置いといて、今日は「日産ノート」を駆ってのメディア対抗「エコチャレンジ」に参加するために日産の本社へとやって来ている。
横浜の日産本社から、ノートに搭載されるエンジンを製造している名古屋の愛知機械工業熱田工場までをノートで往復し、その燃費を競うというこの企画、自動車雑誌やウェブサイトなどの自動車関連19メディアが参加して開催されるメディア対抗戦である。
われわれ『webCG』からは、ワタクシ工藤と高橋信宏カメラマンが参戦することとなった。

まずは日産本社の一室でルール説明と、省燃費運転のコツを聞く。
ここで、例の悪いクセが出てしまった。先生の、いやルール説明をしてくれた日産ギャラリーのコンパニオン「ミス・フェアレディ」の話をちゃんと聞かなかったのである。
このルール認識不足が後半、『webCG』チームに重くのし掛かるのであった。

(僕が把握した)ルールは9時20分にスタートし、15時までに愛知機械工業熱田工場に到着。そこまでのデータを中間発表し、その後名古屋中心部のホテルへ移動し宿泊。翌朝は9時にスタートし、15時までに再び横浜の日産本社へと戻ってくる。その間の燃費データを競うというものだ。ちなみに燃費データはノートのメーター内に表示されるコンピューターの数値で判断する。そして、到着時間に遅れた場合、1分当たり0.1km/リッター分の燃費値をマイナスするペナルティーが科される。

本社玄関前で記念撮影をし、いよいよ出発である。
工藤・高橋はバツグンのチームワークで準備を整え、出発予定時刻よりも早くスタートさせることができた。
その時間を利用して、まずは横浜市内で撮影だ。
もちろんそのための移動も燃費データとして評価の対象となる。

撮影の合間にあらためて車内を確認すると、ありがたいことにサンドイッチの昼食が用意されていた。昼食のために停車して、燃費値が下がらないようにという配慮だろう。
車両撮影も済ませ、いよいよ本格的にエコランスタート、といったタイミングで、われわれはまずこれを食べた。
サンドイッチの状態のまま車内に置いておくよりも、早い段階で体内に摂取し、すばやく代謝して熱エネルギーに変換した方が、重量的な観点から燃費向上に貢献するのではないか、などという理由ではなく、ドライバー・カメラマンとも空腹だったからである。
さて腹ごなしも済んで、ここからが本番だ。

「ミス・フェアレディ」によるルール説明。美声に聞きほれてしまい内容が頭に入らなかった。
「ミス・フェアレディ」によるルール説明。美声に聞きほれてしまい内容が頭に入らなかった。
本社前にて参加者記念撮影の後、出発する。
本社前にて参加者記念撮影の後、出発する。
「ミス・フェアレディ」が燃費値をリセット。ここからスタートだ。
「ミス・フェアレディ」が燃費値をリセット。ここからスタートだ。
走行中のショットを収めるために、時間と燃料を使ってしまった。
走行中のショットを収めるために、時間と燃料を使ってしまった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ