新型「クラウン」、受注の約66%がハイブリッド

2013.01.31 自動車ニュース

新型「クラウン」、受注の約66%がハイブリッド

トヨタ自動車は2013年1月30日、新型「クラウン」の受注台数が発売からおよそ1カ月で約2万5000台に達したと発表した。

■王冠モチーフのフロントフェイスは好評

新型「クラウン」の発売は2012年12月25日。販売店の営業日ベースでおよそ1カ月後となる2013年1月29日時点で約2万5000台に達した。トヨタが掲げる月販目標台数は4000台。

受注の内訳を見ると、シリーズ別では「アスリート」が約1万4100台(全体の約56%)で「ロイヤル」が約1万900台、パワートレイン別ではハイブリッド車が約1万6500台(約66%)であるのに対してガソリン車が約8500台となっている。

トヨタによれば、好評な点として「一目で新型クラウンと分かる、王冠をモチーフとした迫力あるフロントフェイス」「V6 3リッター車に匹敵する動力性能と、JC08モード走行燃費23.2km/リッターといった優れた環境性能を両立する新開発FR専用ハイブリッドシステム」「プリクラッシュセーフティーシステム(ミリ波レーダー方式)やインテリジェントクリアランスソナーをはじめとする高い安全性能」といった声が上がっているという。

(webCG)

「トヨタ・クラウンハイブリッド アスリート」
「トヨタ・クラウンハイブリッド アスリート」 拡大

関連キーワード:
クラウン アスリートクラウン ロイヤルトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.5 試乗記 ガソリンエンジン車の発売から半年、ようやく上陸した「ボルボXC60」のクリーンディーゼル搭載車に試乗。その見どころは、燃費と力強さだけにあらず。ガソリン車よりもさらに心地いいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る