新型「クラウン」、受注の約66%がハイブリッド

2013.01.31 自動車ニュース

新型「クラウン」、受注の約66%がハイブリッド

トヨタ自動車は2013年1月30日、新型「クラウン」の受注台数が発売からおよそ1カ月で約2万5000台に達したと発表した。

■王冠モチーフのフロントフェイスは好評

新型「クラウン」の発売は2012年12月25日。販売店の営業日ベースでおよそ1カ月後となる2013年1月29日時点で約2万5000台に達した。トヨタが掲げる月販目標台数は4000台。

受注の内訳を見ると、シリーズ別では「アスリート」が約1万4100台(全体の約56%)で「ロイヤル」が約1万900台、パワートレイン別ではハイブリッド車が約1万6500台(約66%)であるのに対してガソリン車が約8500台となっている。

トヨタによれば、好評な点として「一目で新型クラウンと分かる、王冠をモチーフとした迫力あるフロントフェイス」「V6 3リッター車に匹敵する動力性能と、JC08モード走行燃費23.2km/リッターといった優れた環境性能を両立する新開発FR専用ハイブリッドシステム」「プリクラッシュセーフティーシステム(ミリ波レーダー方式)やインテリジェントクリアランスソナーをはじめとする高い安全性能」といった声が上がっているという。

(webCG)

「トヨタ・クラウンハイブリッド アスリート」
「トヨタ・クラウンハイブリッド アスリート」

関連キーワード:
クラウン アスリートクラウン ロイヤルトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • 第75回:安物買いの銭失い 2018.1.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第75回は「安物買いの銭失い」。「MJ戦略参謀本部」放談、第3弾。人は、激安イタ車に愛をささげ続けると、どうなるのか!? 攻めのビンボーカーマニアが、匍匐(ほふく)前進で挑んだ、愛車との日々を語る。   
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る