2座のおしゃれバン、「MINIクラブバン」発売

2013.01.31 自動車ニュース
「MINIクーパー クラブバン」
2シーターのおしゃれバン、「MINIクラブバン」発売

2シーターのおしゃれバン、「MINIクラブバン」発売

BMWジャパンは2013年1月31日、「MINIクラブマン」をベースに後席を取り払いラゲッジスペースを拡大した「MINI Clubvan(クラブバン)」を発表。同日、販売を開始した。

 
2座のおしゃれバン、「MINIクラブバン」発売の画像 拡大
発表会場にはプーマとのコラボレーションモデルも展示されていた。
発表会場にはプーマとのコラボレーションモデルも展示されていた。 拡大
 
2座のおしゃれバン、「MINIクラブバン」発売の画像 拡大

「MINIクラブバン」は、3ドアハッチバックの「MINI」よりも全長が240mm長い4人乗りの「MINIクラブマン」の後席を無くし、荷室空間としたバンタイプのモデル。荷室容量は860リッター。
1960年代には、「モーリス・ミニ」のボディーを延長した4人乗りステーションワゴンの「モーリス・ミニ トラベラー」と、2人乗りの商用車「ミニ バン」が存在したが、「クラブバン」はそのコンセプトを受け継ぐモデルだ。

エクステリアは、「クラブマン」では黒もしくはシルバー塗装となっていたCピラーがボディーカラーと同色となり、同じくボディー同色で塗装されるリアサイドガラスとともに、「クラブバン」の特徴となっている。
また、リアサイドガラス用に、オリジナルデザインのステッカーを製作することができるオプション「フリーデザインステッカーサービス」も用意される。

荷室には、2つの12V電源ソケットが備わり、前席との間には、荷室からの荷物の飛び出しを防ぐステンレス製のパーティションネットとアルミ製のプレートが装着されるほか、「クラブマン」で採用される「クラブドア」と呼ばれる右側の小型ドアも受け継がれる。
なお、登録はいわゆる「4ナンバー」の商用車登録ではなく、乗用車登録となる。

グレードは「MINIクーパー クラブバン」の1グレードで、トランスミッションは6段ATのみ。価格は282万円。

(文と写真=工藤考浩)

関連キーワード:
MINIクラブマンMINI自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
ホームへ戻る