VWシャランTSIハイラインの装備が充実

2013.01.31 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン」の装備が充実

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年1月31日、7人乗りのミニバン「シャランTSIハイライン」の装備内容を向上させて発売した。

今回新たに純正ナビゲーションシステム「712SDCW」が標準装備とされたほか、パワーテールゲートに「イージーオープン」機能が追加された。加えてホイールのデザインが変更された。

「712SDCW」ナビゲーションシステムには、駐車時の後方確認を助けるリアビューカメラ「リアアシスト」や、iPhoneを接続してニュースや天気予報、SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の情報が閲覧できるインフォテインメント機能が備わる。さらに最初の2年間の地図更新代が無料となる。

一方、パワーテールゲートに追加された「イージーオープン」とは、両手がふさがり、リアゲートを開けることができないときに便利な機能。リアバンパー下部に設置されたセンサーに足をかざすと自動でゲートを開けられる。

希望小売価格は前モデルより21万円高い458万円。

(webCG)

「フォルクスワーゲン・シャランTSIハイライン」(写真は従来型)
VW、「シャランTSIハイライン」の装備を向上

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

シャランの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る