【スペック】全長×全幅×全高=4730×1795×1870mm/ホイールベース=2850mm/車重=1910kg/駆動方式=4WD/2.3リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(148ps/3500rpm、36.7kgm/1500-2750rpm)/燃費=13.6km/リッター(JC08モード)/価格=393万4000円(テスト車=同じ)

三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】

老舗のカムバック 2013.02.06 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
……393万4000円

「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。

待ってた人は多いはず

魅力的な新世代モデルの普及が始まって、遅ればせながらわが国でも乗用車用ディーゼル市場が活気づいてきた。言うまでもなく、自動車に対する先進各国の燃費(CO2排出量)規制強化と、技術革新による環境性能のアップがその背景にある。
2013年1月11日に発売された「三菱デリカD:5」も、そんな新世代ディーゼルモデルの一台。従来の2リッター、2.4リッター、2種類のガソリンエンジンに加え、2.3リッターのコモンレール式DI-Dクリーンディーゼルエンジン搭載車がラインナップされた。これまでもディーゼル車がガソリン車を上回る人気を得てきたデリカシリーズだから、“新顔”というより“老舗の順当なカムバック”といったところか。先代たる「デリカスペースギア」のオーナーのなかには、D:5のディーゼルを待っていた人も多いだろう。

今回D:5に追加されたグレードは、「D-Power package」と「D-Premium」の2車種。車両本体価格は、それぞれ341万9000円と393万4000円。2.4リッター直4を積むガソリンモデル「G-Power package」「G-Premium」と比較すると、30万円ほど割高となる。ただし、ディーゼル車はいずれも「平成21年排出ガス規制」いわゆる「ポスト新長期規制」に適合しているため、100%のエコカー減税を受けられる(自動車取得税、自動車重量税が免税)。また、「平成24年度クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象車となっているため、上限14万円の補助金を受けることが可能。ごく大ざっぱに言うと、ガソリンモデル比、10万円高程度に収まる計算だ。

搭載されるディーゼルエンジンは、2.3リッター(2267cc)直列4気筒16バルブターボ(三菱は2.2リッターと呼んでいる)。最高出力148ps/3500rpm、最大トルク36.7kgm/1500-2750rpm。2.4リッターガソリンのそれらが、170ps/6000rpmと23.0kgm/4100rpmだから、いまさらながらターボと相性のいいディーゼルユニットの、低回転域からのトルクの太さに驚かされる。気になるカタログ燃費(JC08モード)は、2.4リッターガソリン車の11.2km/リッターに対し、ディーゼルは13.6km/リッターとなる。

新開発の2267cc直4クリーンディーゼルエンジンは148psを発生。JC08モード燃費は13.6km/リッター。
新開発の2267cc直4クリーンディーゼルエンジンは148psを発生。JC08モード燃費は13.6km/リッター。
「D-Premium」のインパネ。装備内容はガソリン車の「G-Premium」に準じる。
「D-Premium」のインパネ。装備内容はガソリン車の「G-Premium」に準じる。
ディーゼル仕様のトランスミッションはCVTではなく、INVECS-II 6段スポーツモード付きATとなる。駆動方式は4WDのみ。
ディーゼル仕様のトランスミッションはCVTではなく、INVECS-II 6段スポーツモード付きATとなる。駆動方式は4WDのみ。
関連記事
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
  • 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)【試乗記】 2013.2.6 試乗記 三菱デリカD:5 D-Premium(8人乗り)(4WD/6AT)
    ……393万4000円

    「デリカD:5」のラインナップに、“ポスト新長期規制”に適合したクリーンディーゼルエンジン搭載車が加わった。その昔、デリカといえば、四駆にディーゼルが定番だった。いわば老舗のカムバックである。
  • 三菱デリカD:5 Gプレミアム(4WD/CVT)【ブリーフテスト】 2007.3.28 試乗記 ……379万290円
    総合評価……★★★★

    発売から1か月で目標の3倍以上受注するなど、好評が伝えられる新型「デリカD:5」。
    別人と見まごうばかりのフルモデルチェンジで、いったいどんなクルマに仕上がったのか? 笹目二朗が吟味した。
  • 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)【試乗記】 2007.6.8 試乗記 三菱デリカD:5 G-Premium(4WD/CVT)
    ……375万8790円

    悪路走破性能をウリにする「デリカD:5」。セールスポイントの真偽のほどは? オフロードコースでその実力を試した。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • トヨタの軽「ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ 2017.5.12 自動車ニュース ダイハツ工業からOEM車として供給されている「トヨタ・ピクシス エポック」がフルモデルチェンジ。2017年5月12日に、2代目となる新型が発売された。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • 第412回:歴史を作った高級セダン
    初代「スカイライン」の素顔に迫る
    2017.5.13 エディターから一言 今年誕生60周年を迎えた「日産スカイライン」。誕生月である4月には記念イベントも開催された。では、その原点となる初代スカイラインは、どんなクルマだったのだろうか? 歴史を作った名車の実像について、詳しくリポートする。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
ホームへ戻る