日本に来るか? ルノー・ルーテシアのワゴン

2013.01.30 自動車ニュース

仏ルノー「クリオ エステート」の受注を開始

仏ルノーは2013年1月28日、本国でコンパクトカー「クリオ(日本名:ルーテシア)」のワゴンモデル「クリオ エステート」の受注を開始した。

ベースとなったのは、2012年7月に発表された4代目「ルノー・クリオ」(日本未導入)。そのワゴンモデルである「クリオ エステート」は同年9月に開催されたパリモーターショーで公開された。本国での発売は2013年3月14日を予定している。

荷室の容量は、後席を起こした状態で443リッターを確保。後席を倒せば最大1380リッターまで拡大することが可能で、さらに助手席のシートバックを倒せば荷室長は2.48mとなる。

エクステリアデザインについては、「シューティングブレイクスタイルのボディーに、最新のルノーのデザインアイデンティティーを取り入れたもの」とうたわれる。エンジンはガソリン、ディーゼル合わせ全5種類の設定となっており、2013年の上半期中には、「EDC」と呼ばれるデュアルクラッチ式の6段セミATも用意される予定だ。

(webCG)

「ルノー・クリオ エステート」
「ルノー・クリオ エステート」

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
  • イメージはパリジェンヌ、「ルノー・トゥインゴ」の限定車発売 2018.1.10 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2018年1月10日、コンパクトカー「トゥインゴ」に特別仕様車「ラ・パリジェンヌ」を設定し、同年1月11日に250台の台数限定で発売すると発表した。
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
ホームへ戻る