クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【語ってくれた人】山本卓(やまもと たかし)さん/1982年入社。ボデー設計部を経て製品企画室にて「セルシオ」「クラウン」の開発、「マークX」「アベンシス」のチーフエンジニアを務める。2009年から「クラウン」のチーフエンジニアとして開発を指揮した。

トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】

守ってなんかいられない 2013.02.01 試乗記 <開発者インタビュー>
山本卓さん
トヨタ自動車株式会社
製品企画本部
ZS チーフエンジニア

トヨタ伝統の高級セダン「クラウン」がフルモデルチェンジ。最新型はどのようなクルマなのか? この先どのように進化するのか? 開発者に話を聞いた。

後席よりも運転席

インタビューで本音を引き出すには2つの方法があると言われている。相手をほめて気持ちよくさせるか、あるいはあえてイヤな話を持ちだすか。とにかく定型的な一問一答にとどまらないナマの言葉を語らせたいわけだ。
今回は前者の方法をとった。「2.5リッターの『ロイヤル』は『クラウン』らしくていいクルマですね」と切り出したのだ。しかし、主査の表情は見る見るうちに曇っていく。マズい、気持ちよくさせるつもりだったのに……。

たしかに、ロイヤルはいいクルマですよ……ただ、ドライバーズカーとしては物足りないんですよね。

――後席に乗って気持ちよかったし、すぐに “いいもの感”が伝わってきましたよ。これぞクラウン、と感じましたが。

何をもって“クラウンらしさ”と言うかですね。安心感、乗り心地、安定感といったものがあって、ロイヤルはそれを目指すべきと思って作ってきました。ただ、それを追求しすぎると、運転して楽しい、という感じは出しにくいのかな、とも思います。

後席の心地よさより、運転席の楽しさを評価されたかったのだ。山本さんにとって、クラウンはまずドライバーズカーであるらしい。

実際には個人で買われる方が多いわけで、自分で運転するんです。もともと完全なショーファードリブンカーではありません。その用途なら、ウチには「マジェスタ」があるし、極端なことを言えば「センチュリー」だってあります。クラウンでも、ロイヤルは後ろの席にも乗るんですよ。ドライバーズカーということなら、100%「アスリート」なんです。3.5リッターのアスリートは、運転して楽しいですよ!

最新型の「トヨタ・クラウン」は、2012年12月25日に発表された。写真は「ロイヤル」シリーズの2.5リッターガソリンモデル。
最新型の「トヨタ・クラウン」は、2012年12月25日に発表された。写真は「ロイヤル」シリーズの2.5リッターガソリンモデル。 拡大
「ロイヤル」シリーズのインテリア。重厚なたたずまいを持たせるとともに、奥行きと広がり感を演出したという。
「ロイヤル」シリーズのインテリア。重厚なたたずまいを持たせるとともに、奥行きと広がり感を演出したという。 拡大
14代目「クラウン」の開発を取りまとめた、山本卓チーフエンジニア。
14代目「クラウン」の開発を取りまとめた、山本卓チーフエンジニア。 拡大
注目の記事PR
  • ドライブの汚れも一網打尽。“美人すぎるタクシードライバー”がダイソンの吸引力をリポート。
    ドライブの汚れも一網打尽。“美人すぎるタクシードライバー”がダイソンの吸引力をリポート。 ダイソン
注目の記事一覧へ

もっとトガったクルマが出てくる

――世の中でのクラウンの位置づけも変わってきたんでしょうか?

初代はタクシー用途がメインで、道が悪かったから耐久性が重要でしたね。今はタクシーもあれば、会社のクルマとしても使われるし、オーナーカーでもある。高級車像が細分化してきたんですよ。メルセデスだって、「S」と「E」だけじゃないんですから。

――クラウン自身もさらに変わっていく?

11代目からアスリートが登場したわけですが、これからはアスリートがメインのクルマになると思います。近い将来、ロイヤルは陳腐化していくんじゃないでしょうか……いや、僕の気持ちということですよ。今のアスリートがロイヤルのような存在になって、もっと飛び抜けた、もっとトガったクルマがクラウンの中に出てくる気がします。

どうやら、山本さんにすれば今回の変化もまだ序章にすぎないということのようだ。顔つきを大胆に変えたり、ピンクのボディーカラーを用意したりしたのも、そういう考えから導かれた当然の帰結なのだろう。

――ただ、パブリックイメージでは、クラウンは保守的なクルマの代表だとされていますが……。

僕はまったく保守的だとは思っていませんよ。あまり飛び抜けたことをすると、「ちょっとね……」と思うかもしれないけれど、クラウンのオーナーは「今にとどまっていていい」なんて思っていませんよ。そもそも、何をもって保守的と言うか。守りじゃない保守だってあるんです。団塊の世代というのは、若い頃に一番攻めの姿勢だった世代ですが、そういう方々がクラウンの平均年齢になってきたんです。

カットモデルの傍らで、新型の技術的なポイントを説明する山本卓さん。「足まわりの開発キーワードは“ハリ”と“コシ”。自然なハンドリングを実現しています」。
カットモデルの傍らで、新型の技術的なポイントを説明する山本卓さん。「足まわりの開発キーワードは“ハリ”と“コシ”。自然なハンドリングを実現しています」。 拡大
「アスリート」シリーズに用意される、個性的なテラロッサ(=イタリア語で“赤い土”)のインテリア。
「アスリート」シリーズに用意される、個性的なテラロッサ(=イタリア語で“赤い土”)のインテリア。 拡大
このピンクのクラウンは、プロモーション用に制作されたもの。新型発表の舞台にも登場し、見るものを驚かせた。2013年内に市販化されることが決まっている。
このピンクのクラウンは、プロモーション用に制作されたもの。新型発表の舞台にも登場し、見るものを驚かせた。2013年内に市販化されることが決まっている。 拡大

団塊の世代がど真ん中

団塊の世代は1947年から49年に生まれた人々で、出生率が高かったから人口が多い。クラウンが誕生した1955年には小学生だった彼らは、今では60代半ばになっている。ど真ん中のターゲットなのだ。

内覧会でその世代の方々に見てもらったら、皆さん「ものすごくいいね」とおっしゃる。質問もぶっ飛んでいて、「今度のクラウンは300km/h出ますか?」と聞かれたのには驚きました。さすがにそんなスピードは出ません(笑)。3.5リッターのハイブリッドに乗っている方で、「私のクルマの平均燃費はリッター16kmだ」と話してくれた方もいました。今回の2.5リッターハイブリッドでも(実測で)17kmから18kmですから、すごい数字です。みんなチャレンジしてるし、遊んでる方たちでしたよ。

とはいえ、きちんとマーケティングにもとづいて商品構成を考えているのがトヨタのトヨタたるゆえんだ。開発にあたっては、ウェブで調査を行ったという。

49%の人がハイブリッドを求めていることがわかったんです。価格は470万円ぐらいというところが多かった。そうなると、もう3リッターのガソリンエンジンじゃ売れません。ハイブリッドが主力になるのは計算できますよね。

――でも、山本さん自身は3.5リッターがお好きなんですよね?

いや、僕のためにクルマを作っているんじゃないので……。

――それでも、ご自分で買うのはやはり……?

3.5リッター好きですよ。でも、燃費は悪いんです。僕がハイブリッドに乗らないというわけにはいかないんじゃ……。

なんだか、急に歯切れが悪くなった。クルマ好きとしての気持ちは決まっていても、チーフエンジニアとしての立場もある……でも、そんなこと気にしないでもいいでしょう。こんなクラウンを作ってしまった人なんだから、“攻めの姿勢”を貫いていいんです!

(文=鈴木真人/写真=峰昌宏<人物>、webCG<車両>)

こちらは、トヨタモデリスタインターナショナルの手になるドレスアップバージョン。
こちらは、トヨタモデリスタインターナショナルの手になるドレスアップバージョン。 拡大
23.2km/リッター(JC08モード)の燃費を実現したハイブリッドモデルのパワーユニット。ベースエンジンは、先代モデルの3リッターV6から、2.5リッター直4に変更されている。
23.2km/リッター(JC08モード)の燃費を実現したハイブリッドモデルのパワーユニット。ベースエンジンは、先代モデルの3リッターV6から、2.5リッター直4に変更されている。 拡大
伝統の王冠エンブレム。ハイブリッドモデルでは、中央部分が青く塗られる。
伝統の王冠エンブレム。ハイブリッドモデルでは、中央部分が青く塗られる。 拡大
トヨタ・クラウン【開発者インタビュー】の画像 拡大

関連キーワード:
クラウン ロイヤルトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事