第281回:大矢アキオの「待ってました! デトロイトショー」(後編)
アメリカに行きたいかぁー! 国境またぎ通勤記

2013.02.01 エッセイ

第281回:大矢アキオの「待ってました! デトロイトショー」(後編)アメリカに行きたいかぁー! 国境またぎ通勤記

そうだ、カナダがあった

デトロイトショー取材で困るのは、宿の確保である。会場のコボ・センターに徒歩で行ける一帯のホテルは早くから満室となる。それ以前に、ショー期間中は客室料金が暴騰して、ボクのような一般人が予約できるものではない。
それを回避するべく昨2012年の時は、早めにホテルの予約サイトで会場に程近い安ホテルを探した。しかし実際そのホテルに行ってみると、治安が悪いエリアでとても歩いて行けるムードではなかった。建物もかなり古く、エレベーターのドアが目的階に着く前にガバッと開いた(!)ときは本当に引いてしまった。ホテルのおやじがイタリアの宿以上にフレンドリーであることだけが唯一の救いだった。

そして今年、地図をにらんでいるうちに思いついたのが、デトロイト川の対岸にあるカナダの町ウィンザーだった。ネット検索してみると、たしかにデトロイトの治安の悪さを避けた一般旅行者が、カナダ側に1泊した、という書き込みがいくつかある。

宿の空き状況をみると、モーターショーのプレスデイでも、まだ部屋がある。値段も円換算で朝食込み1万円以下だ。国境を越えるためのトンネルは片道8ドルである。往復16ドルかかっても、治安が良いカナダのほうがよさそうだ。ネットには「トンネル内で渋滞がある時間帯は注意」とアドバイスが書かれていたので、少し早く出ればよいだろう。軽い気持ちでカチカチッとクリックを繰り返し、ウィンザーのホテルの予約を完了した。

カナダ側ウィンザーの街から眺めたデトロイト。
第281回:大矢アキオの「待ってました! デトロイトショー」(後編) − アメリカに行きたいかぁー! 国境ま…
ウィンザーは人口21万人。とりわけ特徴のない街だが、対岸のデトロイトと対照的に穏やかである。
第281回:大矢アキオの「待ってました! デトロイトショー」(後編) − アメリカに行きたいかぁー! 国境ま…
ウィンザーの公園にて。毎日約6000人もの市民がアメリカ側に通勤しているという
第281回:大矢アキオの「待ってました! デトロイトショー」(後編) − アメリカに行きたいかぁー! 国境ま…

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。