第169回:ゲレンデのベントレー スイスの高級スキーメーカー「ザイ」を訪問する

2013.01.31 エッセイ

第169回:ゲレンデのベントレースイスの高級スキーメーカー「ザイ」を訪問する

プロが用いるような特別なテクニックなど不要。あくまで気軽にハイパフォーマンスが堪能できる、ベントレーのようなスキー板があるという。その実力を試すために、筆者はスイスアルプスの山麓の町・ディゼンティスに向かった。

ベントレーエンブレムが入ったスキー板!?

ウォールナット、ヒマラヤ杉、ステンレススチール、生ゴム、カーボンファイバー、超高強力ポリエチレン繊維、そしてなぜか、石。これらは、あるスポーツ用品を作るために使われる素材なのだが、それが何だか想像できるだろうか?

2012年の暮れも押し迫ったある日、私はベントレーに招かれてスイスを訪れた。「コンチネンタル フライングスパー スピード」や「コンチネンタルGT V8」を走らせてスキーリゾートを訪ね、そこでベントレーのブランドマークが入ったスキー板に試乗(?)するというのが、このツアーの概要である。「アウディ・クワトロ」譲りの洗練されたフルタイム4WDシステムを備えたベントレー・コンチネンタルは、スノーロードを難なく駆け抜ける強靱(きょうじん)な走破性を有している。このことは、5年ほど前に北海道のテストコースで催されたコンチネンタル・シリーズの試乗会で体験していたので、今回もその雪上性能についてはまったく心配していなかった。

心配だったのは、スキーのほうである。残念ながら、私は本格的にスキーを学んだことはない。20代の頃、年に何度かスキーに出掛けていた時期はあったが、あくまでも我流で腕(脚?)は上がらなかった。だから、ベントレーのお眼鏡にかなうようなスキーを履いても、そのよさが理解できるのかどうか、まったく自信がなかったのである。

この不安は、ベントレーマークをつけたスキー板の不思議な性能により、まったくの杞憂(きゆう)に終わるのだが、それについては後述することにしよう。

第169回:ゲレンデのベントレー スイスの高級スキーメーカー「ザイ」を訪問するの画像
「コンチネンタルGT V8」でスノーロードを行く。
「コンチネンタルGT V8」でスノーロードを行く。
スキーメーカー「ザイ」の拠点はスイス。アルプス山麓のディゼンティスという町にある。
スキーメーカー「ザイ」の拠点はスイス。アルプス山麓のディゼンティスという町にある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ