「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録

2012.09.20 自動車ニュース

「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録

独ポルシェは2012年9月20日、開発中の「918スパイダー」がニュルブルクリンクの北コース(ノルドシュライフェ)で7分14秒のラップタイプを記録したことをフェイスブックで明らかにした。

ポルシェによれば、「918スパイダー」がノルドシュライフェで7分14秒を記録したときに装着していたタイヤは「公道走行可能なもの」だったという。以前は、7分22秒を切ることが目標とされていた。

ちなみに、同コース最速のラップタイムはイギリスのスポーツカー「ラディカルSR8 LM」が記録した6分48秒。7分14秒というと「レクサスLFA ニュルブルクリンクパッケージ」(7分14秒64)、「ドンカーブートD8 RS」(7分14秒89)、「ポルシェ911GT2 RS」(7分18秒)などに近く、量産車としてはかなり速い部類に入る。

918スパイダーは、4.6リッターV8エンジンとモーターを組み合わせたパラレル方式のフルハイブリッドシステムを搭載する4WDのスポーツカー。システムの総出力は770ps以上に達し、0-100km/h加速は3秒以下、最高速は325km/hを超すとうたわれる。

(webCG 竹下)

ニュルブルクリンクの北コースを行く「ポルシェ918スパイダー」。
ニュルブルクリンクの北コースを行く「ポルシェ918スパイダー」。

「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録の画像

「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

918スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.21 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ日本の公道に降り立った。パワーとスピード、そしてラグジュアリー性において、他を凌駕(りょうが)すべく開発された“世界最高峰のSUV”。その実力を全方位的に探った。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る