「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録

2012.09.20 自動車ニュース

「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録

独ポルシェは2012年9月20日、開発中の「918スパイダー」がニュルブルクリンクの北コース(ノルドシュライフェ)で7分14秒のラップタイプを記録したことをフェイスブックで明らかにした。

ポルシェによれば、「918スパイダー」がノルドシュライフェで7分14秒を記録したときに装着していたタイヤは「公道走行可能なもの」だったという。以前は、7分22秒を切ることが目標とされていた。

ちなみに、同コース最速のラップタイムはイギリスのスポーツカー「ラディカルSR8 LM」が記録した6分48秒。7分14秒というと「レクサスLFA ニュルブルクリンクパッケージ」(7分14秒64)、「ドンカーブートD8 RS」(7分14秒89)、「ポルシェ911GT2 RS」(7分18秒)などに近く、量産車としてはかなり速い部類に入る。

918スパイダーは、4.6リッターV8エンジンとモーターを組み合わせたパラレル方式のフルハイブリッドシステムを搭載する4WDのスポーツカー。システムの総出力は770ps以上に達し、0-100km/h加速は3秒以下、最高速は325km/hを超すとうたわれる。

(webCG 竹下)

ニュルブルクリンクの北コースを行く「ポルシェ918スパイダー」。
ニュルブルクリンクの北コースを行く「ポルシェ918スパイダー」。

「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録の画像

「918スパイダー」がニュルで7分14秒を記録の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

918スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • ロータス・エヴォーラ スポーツ410 GPエディション 2017.4.7 画像・写真 あのJPSカラーをまとったスペシャルな「ロータス・エヴォーラ」が登場! アメリカ市場に向けてわずか5台だけ生産される「エヴォーラ スポーツ410 GPエディション」の姿を写真で紹介する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る