【スペック】マツダ・アテンザワゴンXD:全長×全幅×全高=4800×1840×1480mm/ホイールベース=2750mm/車重=1530kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(175ps/4500rpm、42.8kgm/2000rpm)/燃費=20.0km/リッター(JC08モード)/価格=290万円(テスト車=323万750円)

マツダ・アテンザワゴンXD(FF/6AT)/アテンザセダンXD(FF/6MT)【試乗記】

チーム一丸の勝利 2013.02.03 試乗記 マツダ・アテンザワゴンXD(FF/6AT)/アテンザセダンXD(FF/6MT)
……323万750円/328万3250円

ラインナップのなかでも抜群の注目度を誇る、クリーンディーゼル搭載モデルをインプレッション。あらためて新型「アテンザ」の魅力に触れる。

注目度抜群のパワートレイン

街に待った「マツダ・アテンザ」のディーゼル仕様の試乗会、一刻も早くその印象をお伝えしたいので、冒頭の誤変換も気にせずいきます。
なにせアテンザを予約した方の約6割がディーゼルを選んでいるということからも、注目度の高さがわかるというもの。窒素酸化物(NOx)を処理するための高価な装置なしにクリーンな排気を実現した画期的なメカニズムについては後で説明するとして、早速シートに体を滑り込ませる。

2リッターと2.5リッターのガソリン仕様は6段ATのみの設定だけれど、ディーゼル仕様はセダン/ワゴンともに6段ATと6段MTが用意される。マニュアルを選ぶ方は全体の1割程度との由。
まずはセダンと6段MTの組み合わせから。ほどよい手応えのスタートボタンを押して、2.2リッターディーゼル+ツインターボユニットを始動する。

アイドル時の車内は窓をすべて閉じていても、最新のガソリンエンジンモデルに比べると少しにぎやか。「チキッチッチッ」という高い音が遠くから聞こえる。でも音質は気に障るものではないし、しばらくすると慣れて気にならなくなる類いのものだ。
「コクッ」といったダイレクトな手応えがうれしいシフトレバーを1速に入れて、アクセルペダルは踏まずにクラッチをミート。すると、余裕たっぷりに1490kgのボディーが前進を始めた。

おもむろに右足に力を込めると、期待以上の力強さとともに加速を始める。トルクカーブを見ると、4リッター自然吸気エンジン並みの最大トルク42.8kgmは2000rpmという低回転域で生まれている。
ここまでお読みいただくと、ブ厚いトルクに身を委ね、シフトをサボってだら〜っと乗るクルマだと思われる向きもあるかもしれない。でもアテンザはそうではない。従来のディーゼルとは、少し感じが違う。

インパネまわりは操作性を重視したオーソドックスな造形。今回の2台の試乗車には、ディーラーオプションのパイオニア製HDDナビゲーションシステム(19万4000円)が装備されていた。
インパネまわりは操作性を重視したオーソドックスな造形。今回の2台の試乗車には、ディーラーオプションのパイオニア製HDDナビゲーションシステム(19万4000円)が装備されていた。
シートフレームの剛性アップなど、基本設計から見直したというフロントシート。「XD」および「20S」のシート表皮は、ブラックのクロスのみとなる。
シートフレームの剛性アップなど、基本設計から見直したというフロントシート。「XD」および「20S」のシート表皮は、ブラックのクロスのみとなる。
【スペック】アテンザセダンXD:全長×全幅×全高=4860×1840×1450mm/ホイールベース=2830mm/車重=1490kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(175ps/4500rpm 42.8kgm/2000rpm)/燃費=22.4km/リッター(JC08モード)/価格=302万6000円(テスト車=328万3250円/スマート・シティ・ブレーキ・サポート&AT誤発進抑制制御+リア・ビークル・モニタリングシステム+スマート・ブレーキ・サポート&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール=15万2250円/ハイビーム・コントロール・システム+レーン・デパーチャー・ワーニング・システム=5万2500円/ボディーカラー<ソウルレッドプレミアムメタリック>=5万2500円)
【スペック】アテンザセダンXD:全長×全幅×全高=4860×1840×1450mm/ホイールベース=2830mm/車重=1490kg/駆動方式=FF/2.2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(175ps/4500rpm 42.8kgm/2000rpm)/燃費=22.4km/リッター(JC08モード)/価格=302万6000円(テスト車=328万3250円/スマート・シティ・ブレーキ・サポート&AT誤発進抑制制御+リア・ビークル・モニタリングシステム+スマート・ブレーキ・サポート&マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール=15万2250円/ハイビーム・コントロール・システム+レーン・デパーチャー・ワーニング・システム=5万2500円/ボディーカラー<ソウルレッドプレミアムメタリック>=5万2500円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • 第2回:ローディー meets CTS
    電動化のカッコよさについて考えてみたNEW
    2017.2.24 特集 webCG編集部きってのローディー(ロードバイク愛好家)折戸が、「キャデラックCTS」で人気マンガ『弱虫ペダル』の舞台としても知られる日本サイクルスポーツセンターまでドライブ。キャデラック流のおもてなし=電動化の意義について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る