第44回:トム・クルーズ最新作は、ヒーローもクルマも肉体派!
『アウトロー』

2013.01.28 エッセイ

第44回:トム・クルーズ最新作は、ヒーローもクルマも肉体派!『アウトロー』

バスを乗り継いで現れるヒーロー

1970年型「シボレー・シェベルSS」のかたわらに立ち、クールな表情でポーズを決めるトム・クルーズ。『アウトロー』の宣伝用メイン画像だ。予告編では、彼がシェベルSSに乗って街で激しいカーチェイスを繰り広げる。彼は古き良き時代のマッスルカーを愛する流れ者で、クルマで旅をしながら悪と対決する……そういう映画だと勝手に想像していたのだが、見事に肩透かしをくわされた。主人公は、長距離バスを乗り継ぎ、徒歩で現れたのだ。

原題は『Jack Reacher』で、主人公の名前そのままだ。リー・チャイルドのハードボイルド小説が原作である。1997年の『キリング・フロアー』に始まり17冊が出版されているベストセラーシリーズで、全世界で6000万部を売り上げているというから大変なものだ。ただ、日本ではどうも受けがよくなかったようで、これまでに5冊しか翻訳されていない。中には絶版状態になってしまったものもある。ジャック・リーチャーという名が広く知られているとはいえない日本では、タイトルを変えたほうがいいと判断したのだろう。今回の作品は第9作『One Shot』(日本では『アウトロー』として出版)を映画化したものだ。

映画の冒頭5分ほどは、室内と屋外のシーンのカットバックだけで構成され、一切セリフがない。室内では、男が銃弾を加工している。屋外では駐車場のビルにミニバンが乗り入れられ、男がライフルを持ちだして公園を行き交う人々に狙いをつける。ベンチに腰かけた男をスコープがとらえ、銃弾が放たれる。続いて歩いている女が標的になり、次々に頭を撃ち抜かれる。6発の銃弾で、5人が射殺されたのだ。

(c) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
(c) 2012 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

第44回:トム・クルーズ最新作は、ヒーローもクルマも肉体派! − 『アウトロー』の画像
第44回:トム・クルーズ最新作は、ヒーローもクルマも肉体派! − 『アウトロー』の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。