【スペック】全長×全幅×全高=4850×1985×1750mm/ホイールベース=2915mm/車重=2400kg/駆動方式=4WD/6.4リッターV8OHV16バルブ(468ps/6250rpm、63.6kgm/4100rpm)/燃費=5.3km/リッター(JC08モード)/価格=688 万円(テスト車=693万円/パールコート塗装代=5万円)

ジープ・グランドチェロキーSRT8(4WD/5AT)【試乗記】

アメリカ車にしかできないことがある 2013.01.29 試乗記 ジープ・グランドチェロキーSRT8(4WD/5AT)
……693万円

500ps級のスーパーSUVなど、今となってはめずらしくない。しかし「グランドチェロキーSRT8」でないと味わえない世界がある。アメリカ車でなければならない理由が、こんな時代だからこそある。

まさかの“アップサイジング・コンセプト”で登場

クライスラーには、1980年代の終わりからV10エンジンを積む「ダッジ・ヴァイパー」を開発してきたスペシャルチームがあった。90年代前半には現代版ホットロッド「プリムス・プロウラー」を開発した別のスペシャルチームもあった。後年、ふたつのチームは統合され、同社のスペシャルモデルを一手に引き受けるセクションに。その名は「ストリート&レーシング・テクノロジー」。SRTはその頭文字だ。彼らの最新作が、今回テストした「ジープ・グランドチェロキーSRT8」(と「クライスラー300 SRT8」)。お尻の「8」はもちろんV8を指す。

先代のSRT8各車は6.1リッターのV8ヘミエンジンを積み、いろいろやかましい時代にやるなぁと我々を感心させたものだが、新型は6.4リッターV8ヘミを搭載。まさかのアップサイジング・コンセプトで出てきた! 「SRTが排気量を減らして過給器で補うのをだれが喜ぶの?」と言わんばかり。スベらんなぁ〜。大きなボディーを大きなエンジンで動かすのがアメリカ人は大好きで、つくるのも本当にうまい。餅は餅屋、ヘミはヘミ屋ということか。

グランドチェロキーSRT8をもう少し説明すると、悪路に強い4WDのグランドチェロキーをベースに、6.4リッターOHVのV8エンジンを積み、空力付加物や極太タイヤなど、ベース車に対して大幅に上がったパワーを受け止めるための措置を施したモンスターSUVだ。最高出力は468ps/6250rpm、最大トルクは63.6kgm/4100rpm。2400kgの車重にもかかわらず、0-100km/hを5秒で走る。4WDは生きているものの、せり出したフロントスポイラーや295/45ZR20サイズのタイヤを見ればわかるとおり、ある程度オフロード性能は見限っている。とはいえ、オンロードで大トルクを路面に伝えるために4WDは有効だ。先に書いちゃおう。燃費はJC08モードで5.3km/リッターと悪い。何か問題でも?

SRTとは“Street and Racing Technology”の頭文字をとったもの。クライスラーのハイパフォーマンスカー開発部門という役割を担う。
SRTとは“Street and Racing Technology”の頭文字をとったもの。クライスラーのハイパフォーマンスカー開発部門という役割を担う。
468psを発生する6.4リッターのV8“ヘミ”OHV16バルブユニット。ブロックが鋳鉄でヘッドはアルミ。ヘミとはヘミスフェリカル(「半球状の」という意)の略。燃焼室の形状に由来する。
468psを発生する6.4リッターのV8“ヘミ”OHV16バルブユニット。ブロックが鋳鉄でヘッドはアルミ。ヘミとはヘミスフェリカル(「半球状の」という意)の略。燃焼室の形状に由来する。
インパネやドアに貼られたカーボンのパネルが“レーシー”な雰囲気を演出。トランスミッションは引き続きメルセデスと技術資産を共有する5段AT(W5A580型)。ステアリングにシフトパドルを持つ。
インパネやドアに貼られたカーボンのパネルが“レーシー”な雰囲気を演出。トランスミッションは引き続きメルセデスと技術資産を共有する5段AT(W5A580型)。ステアリングにシフトパドルを持つ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランドチェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る