クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4133×1789×1549mm/ホイールベース=2596mm/車重=1480kg/駆動方式=4WD/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(218ps/6000rpm、28.6kgm/1900-5000rpm)(欧州仕様車)

MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/6MT)【海外試乗記】

その走りは予想外 2012.09.20 試乗記 MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/6MT)
「MINIクロスオーバー」に最もホットなグレード「ジョンクーパーワークス」が登場。初の4WD仕様となるハイパフォーマンスバージョンをドイツで試した。

JCW初の4WD仕様

相変わらず、MINIが売れている。2012年1月から7月の国内累計販売台数は、前年同期2割増しの、およそ9500台。うち、半分弱が「クロスオーバー」(海外名:カントリーマン)らしい。

「アレのどこがMINIやねん」とツッコミたくなる気持ちはさておき、(小さい方の)MINI乗りのカップルに新しい家族が加わった、だとか、もう大きな国産ミニバンなんて要らないけど4ドアでスペーシーなクルマに乗りたい、といった、MINIにとっては新しいファミリーカーニーズを掘り起こせたポテンシャルの高い商品、というわけで、輸入元と販売店の鼻息は荒い。その勢いをかって、今後、ディーラーの数も増えるという。

そして、ベースモデルの販売台数が伸びるとスペシャルグレードの需要も増える、というのが、“人とは違うクルマに乗りたい”欲求マーケット=輸入車販売の基本、である。
というわけで。ついに、というか、WRCマシンがクロスオーバーベースのその名も「MINIジョンクーパーワークス」だったから当然といえば当然だけれども、MINIクロスオーバーにも「ジョンクーパーワークス(JCW)」グレードが追加された。「クーパーS ALL4」がベースだから、JCWモデルとしては初の4WD仕様でもある。
晩夏のラインガウに沿って、半日のドライブを楽しんできた。

MINI史上最強のエンジン

ハイライトは、パワートレインだ。MINIファンにとっては朗報でもあると思う。現行MINIと同様に、ようやく、JCW用ユニットもバルブトロニック付きとなった。チューニングは218ps、28.6kgm(オーバーブースト時30.6kgm!)で、もちろんMINI史上最強。しかも……。日本マーケット待望の6段ATも選べるようになった。もちろん、この新パワートレインは、JCWモデルすべてに搭載される。

MINIにでっかいミニ(=クロスオーバー)は本当に必要か? の議論と同じく、スパルタンなJCWにトルコンAT仕様なんて要るのか? は、意見の分かれるところ。個人的には、ニッチのニッチで特殊なブランド性=“乗れない”人がいることによって成立する特別な存在感、を末永く保っていきたいのであれば“要らない”と思うのだが、マーケットの要望に応えて大いに“もうける”こともまた、メーカーの役割であり、仕事だ。結局、この手の話は堂々巡りになってしまう。未来の検証を待つほかない。

控えめながらもノーマルモデルとの違いをしっかりとアピールするエアロルックスや、10mmローダウンの専用チューンドサスペンション、いかにもスパルタンな見栄えのアロイホイールに赤キャリパーのブレーキなど、仕立て方法そのものは従来のJCW化文法にのっとったもの。なのだけれども、試乗前に足まわりの担当者いわく、「ターゲット層が明確に異なるので、ライドテイストもまったく違う」という。
果たして、その乗り味は、どんなものだったか……。

搭載される1.6リッター直4ターボエンジンは、バルブトロニック付きで、最高出力218ps/6000rpm、最大トルク28.6kgm/1900-5000rpmを発生する。(オーバーブースト時は30.6kgm/2100-4500rpm)
搭載される1.6リッター直4ターボエンジンは、バルブトロニック付きで、最高出力218ps/6000rpm、最大トルク28.6kgm/1900-5000rpmを発生する。(オーバーブースト時は30.6kgm/2100-4500rpm)
拡大
18インチツインスポークアロイホイール。タイヤサイズは225/45R18。
18インチツインスポークアロイホイール。タイヤサイズは225/45R18。 拡大
MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/6MT)【海外試乗記】の画像 拡大

素晴らしく豊かな乗り心地

予想外の展開に、しばらくうなるほかなかった。なるほど、JCWといえば、2世代目になって初代モデルほどのガチガチなスパルタンさは薄れ、随分と乗りやすくはなっていた。それでも、ベースの「クーパーS」グレードに比べると、JCWははっきりと“男前”な乗り味だったし、特に「クーペ」と「コンバーチブル」版が最新の体験だったから、鉄板のようにフラットなドライブフィールというイメージが強く残っていたのだった。
加えて。より乗用車感覚に近いクロスオーバーゆえ、MINIらしさとラリーイメージを強調するために、“小さなMINI”のJCWよりも意識的にハードなモデルに仕立ててくるのでは? とも予想していた。

それが、どうだ。身構えて転がし始めてみれば、この素晴らしく豊かな乗り心地。穏やかだけれどもフラットに制御されたサスペンションの上下動、立ち上がりは素早いけれどもプロセスが奥ゆかしいシャシーの動き、そして高回転域までとにかくキレイに回るエンジン(試乗車は今回、残念ながらMTのみだった)。
特に、コーナリング中の姿勢の良さは、ドライバーのみならず、ナビシートからでも容易に感じられるほど。美しく、そして愉快なロール姿勢で駆けぬける姿を頭のなかでイメージしながら、コーナーを抜けていく気分の良さといったら!

ドイツのカントリーロードを、クルージングプラスアルファ程度で走っていると、そのあまりのすがすがしさに、このクルマのエンジンがMINI最強の仕様で、そのパフォーマンスを確かめにわざわざドイツまでやってきたことなど、思わず忘れそうになっていた。

スポーツカーに負けない走り

もちろん、そのスポーツパフォーマンスも素晴らしい。高回転域におけるエンジンフィールが少々雑で、パワー感にも少し物足りなさを覚えたものの、スポーツボタンを押し、エンジンのピックアップとパワーステアリングのフィールを硬派にセットして(AT仕様の場合は、変速スピードも変わる)、ヤル気満々のエキゾーストノートを響かせながら走れば、ちょっとしたスポーツカーなど話にならないくらい、ファンな走りをみせた。

「でっかいMINIなんて要らんワ」が持論の筆者も、JCWのライドフィールには、大いに感心せざるを得なかった。これがスポーツコンパクトの新しいスタンダードだとすれば、欧州勢の独走を止めることは、ますます難しくなっていくだろう。

そして。JCWまでコンフォートさを追究するのか! とお嘆きのコアなMINIファンの皆さま、ご安心を。ついに日本でも限定モデルの「ジョンクーパーワークスGP」が販売される。MINIから「クーパー系」そして「ジョンクーパーワークス」と、それぞれの台数が増えていけば、“またその上”が生まれる、というわけだ。

(文=西川淳/写真=BMWジャパン)

40:20:40の分割可倒式リアシートは、前後スライドとリクライニング機能が備わる。
40:20:40の分割可倒式リアシートは、前後スライドとリクライニング機能が備わる。 拡大
荷室容量は、5人乗車時で350リッターを確保。最大で1170リッターまで拡大することができる。
荷室容量は、5人乗車時で350リッターを確保。最大で1170リッターまで拡大することができる。 拡大

MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/6MT)【海外試乗記】の画像 拡大
あなたにおすすめの記事