【スペック】全長×全幅×全高=4133×1789×1549mm/ホイールベース=2596mm/車重=1480kg/駆動方式=4WD/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(218ps/6000rpm、28.6kgm/1900-5000rpm)(欧州仕様車)

MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/6MT)【海外試乗記】

その走りは予想外 2012.09.20 試乗記 MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/6MT)
「MINIクロスオーバー」に最もホットなグレード「ジョンクーパーワークス」が登場。初の4WD仕様となるハイパフォーマンスバージョンをドイツで試した。

JCW初の4WD仕様

相変わらず、MINIが売れている。2012年1月から7月の国内累計販売台数は、前年同期2割増しの、およそ9500台。うち、半分弱が「クロスオーバー」(海外名:カントリーマン)らしい。

「アレのどこがMINIやねん」とツッコミたくなる気持ちはさておき、(小さい方の)MINI乗りのカップルに新しい家族が加わった、だとか、もう大きな国産ミニバンなんて要らないけど4ドアでスペーシーなクルマに乗りたい、といった、MINIにとっては新しいファミリーカーニーズを掘り起こせたポテンシャルの高い商品、というわけで、輸入元と販売店の鼻息は荒い。その勢いをかって、今後、ディーラーの数も増えるという。

そして、ベースモデルの販売台数が伸びるとスペシャルグレードの需要も増える、というのが、“人とは違うクルマに乗りたい”欲求マーケット=輸入車販売の基本、である。
というわけで。ついに、というか、WRCマシンがクロスオーバーベースのその名も「MINIジョンクーパーワークス」だったから当然といえば当然だけれども、MINIクロスオーバーにも「ジョンクーパーワークス(JCW)」グレードが追加された。「クーパーS ALL4」がベースだから、JCWモデルとしては初の4WD仕様でもある。
晩夏のラインガウに沿って、半日のドライブを楽しんできた。

関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
ホームへ戻る