【スペック】全長×全幅×全高=4320×1850×1435mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(265ps/5500rpm、36.7kgm/3000rpm)/価格=407万円(テスト車=422万円/特別色<ジョン シリウス メタリック>=15万円)(A)

ルノー・メガーヌ ルノースポール(注文生産オプション 19インチホイール)(FF/6MT)【試乗記】

ニュル最速はダテじゃない 2013.02.01 試乗記 ルノー・メガーヌ ルノースポール(注文生産オプション 19インチホイール)(FF/6MT)
……422万円

ルノーのハイパフォーマンスクーペ「メガーヌR.S.」で、筑波サーキットをタイムアタック。その走行性能を確かめた。

『CG』2013年3月号には、今回のタイムアタックの様子を荒 聖治氏が自ら記したインプレッションが掲載されています。併せてご覧ください。

日本のコースで速さを実証

キリッと冷え込んだ筑波サーキットのパドックに、深みのあるイエローに塗られた2013年モデルの「ルノー・メガーヌ ルノースポール(以下、R.S.)」が現れた。この「ジョン シリウス メタリック」という名称のボディーカラーは、不思議な色だ。パッと人目を引く華やかさと、落ち着いた品の良さを併せ持っている。

パドックでメガーヌR.S.を出迎えたのは、レーシングドライバーの荒 聖治氏。『webCG』読者にはあえて説明の必要はないかもしれないが、ルマン24時間のウィナーだ。また、フォーミュラ・ニッポンやSUPER GTでも優勝経験があることが、フォーミュラでも“ハコ”でも乗りこなす名手だということを証明している。

今回の企画は、その荒さんがルノー・メガーヌR.S.で筑波サーキットをタイムアタックするというもの。ドイツのニュルブルクリンク北コースでFF車の最速ラップとなる8分7秒97をたたき出した実力を、日本でも確認したいと考えたのだ。
ちなみにニュルブルクリンクのラップタイムでメガーヌR.S.に続くのは先代メガーヌの「R26.R」で8分16秒、第3位が「MINIジョンクーパーワークス GP」で、8分23秒。ここから読み取れるのは、ルノーが高性能FF車作りの手練れであることと、現行メガーヌR.S.が抜きんでた速さを持っているということだ。
トップドライバーが全開でタイムアタックすると、メガーヌR.S.はどんなパフォーマンスを見せてくれるのか? スタッフの誰よりも早く筑波サーキットに到着していたことからも、荒氏の気合が伝わってくる。

現行型「メガーヌR.S.」は2010年12月に日本デビュー。2012年7月にはマイナーチェンジを経た新型が導入された。(A)
(写真=A:荒川正幸、K:小河原認)
現行型「メガーヌR.S.」は2010年12月に日本デビュー。2012年7月にはマイナーチェンジを経た新型が導入された。(A)
	(写真=A:荒川正幸、K:小河原認)
レーシングドライバーの荒 聖治氏。今回は、「メガーヌR.S.」の実力を筑波サーキットで試した。(A)
レーシングドライバーの荒 聖治氏。今回は、「メガーヌR.S.」の実力を筑波サーキットで試した。(A)
(K)
(K)
関連記事
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • 「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車、2タイプ同時に発売 2017.5.11 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月11日、コンパクトクロスオーバー「ルノー・キャプチャー」の特別仕様車「キャプチャー エクスプレッション」「キャプチャー プレミアム」を発表。同日、販売を開始した。
  • 仏プジョー、本国で「308」をマイナーチェンジ 2017.5.8 自動車ニュース フランスのグループPSAは2017年5月5日、「プジョー308」のマイナーチェンジモデルの概要を発表した。フロントまわりのデザインが変更を受けるほか、先進運転支援システムが強化される。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
ホームへ戻る