【スペック】全長×全幅×全高=4320×1850×1435mm/ホイールベース=2640mm/車重=1430kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ(265ps/5500rpm、36.7kgm/3000rpm)/価格=407万円(テスト車=422万円/特別色<ジョン シリウス メタリック>=15万円)(A)

ルノー・メガーヌ ルノースポール(注文生産オプション 19インチホイール)(FF/6MT)【試乗記】

ニュル最速はダテじゃない 2013.02.01 試乗記 ルノー・メガーヌ ルノースポール(注文生産オプション 19インチホイール)(FF/6MT)
……422万円

ルノーのハイパフォーマンスクーペ「メガーヌR.S.」で、筑波サーキットをタイムアタック。その走行性能を確かめた。

『CG』2013年3月号には、今回のタイムアタックの様子を荒 聖治氏が自ら記したインプレッションが掲載されています。併せてご覧ください。

日本のコースで速さを実証

キリッと冷え込んだ筑波サーキットのパドックに、深みのあるイエローに塗られた2013年モデルの「ルノー・メガーヌ ルノースポール(以下、R.S.)」が現れた。この「ジョン シリウス メタリック」という名称のボディーカラーは、不思議な色だ。パッと人目を引く華やかさと、落ち着いた品の良さを併せ持っている。

パドックでメガーヌR.S.を出迎えたのは、レーシングドライバーの荒 聖治氏。『webCG』読者にはあえて説明の必要はないかもしれないが、ルマン24時間のウィナーだ。また、フォーミュラ・ニッポンやSUPER GTでも優勝経験があることが、フォーミュラでも“ハコ”でも乗りこなす名手だということを証明している。

今回の企画は、その荒さんがルノー・メガーヌR.S.で筑波サーキットをタイムアタックするというもの。ドイツのニュルブルクリンク北コースでFF車の最速ラップとなる8分7秒97をたたき出した実力を、日本でも確認したいと考えたのだ。
ちなみにニュルブルクリンクのラップタイムでメガーヌR.S.に続くのは先代メガーヌの「R26.R」で8分16秒、第3位が「MINIジョンクーパーワークス GP」で、8分23秒。ここから読み取れるのは、ルノーが高性能FF車作りの手練れであることと、現行メガーヌR.S.が抜きんでた速さを持っているということだ。
トップドライバーが全開でタイムアタックすると、メガーヌR.S.はどんなパフォーマンスを見せてくれるのか? スタッフの誰よりも早く筑波サーキットに到着していたことからも、荒氏の気合が伝わってくる。

現行型「メガーヌR.S.」は2010年12月に日本デビュー。2012年7月にはマイナーチェンジを経た新型が導入された。(A)
(写真=A:荒川正幸、K:小河原認)
現行型「メガーヌR.S.」は2010年12月に日本デビュー。2012年7月にはマイナーチェンジを経た新型が導入された。(A)
	(写真=A:荒川正幸、K:小河原認)
レーシングドライバーの荒 聖治氏。今回は、「メガーヌR.S.」の実力を筑波サーキットで試した。(A)
レーシングドライバーの荒 聖治氏。今回は、「メガーヌR.S.」の実力を筑波サーキットで試した。(A)
(K)
(K)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る