「レクサスHS」も“スピンドルグリル顔”に

2013.01.24 自動車ニュース

「レクサスHS」がマイナーチェンジ、新たにスピンドルグリルを採用

トヨタ自動車は2013年1月24日、レクサスのハイブリッドセダン「HS250h」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

今回の改良では、エクステリアデザインにレクサスのアイコンとされる「スピンドルグリル」を採用。L字型のLEDフォグランプとも合わせて、フロントマスクのイメージを一新した。また車高を10mm下げることで、低重心で踏ん張り感のあるスタイリングを実現したという。

一方インテリアでは、「バージョンL」「バージョンI」のインテリアカラーにエクリュ、ブラック&ガーネットなどの新色を、同じくオーナメントパネルに、天然素材のバンブー(竹)や縞杢(しまもく)を設定した。

装備も強化されており、全車のフロントドアに紫外線と赤外線を効率よく遮断するはっ水機能付きスーパーUV・IRカットガラスが標準装備されたほか、「バージョンL」「バージョンI」「バージョンC」の空調には、イオン発生数が従来型の約20倍という高濃度タイプのプラズマクラスターが採用された。

動力性能については、スポット溶接打点の追加によるボディー剛性の強化や、車体の前後にパフォーマンスダンパーを採用することで操縦性、走行安定性を改善。またドライブモードセレクトには、パワートレインに加えて電動パワーステアリングの特性も変化させる「SPORT MODE」が新設定された。このほかにも、静粛性を改善するために、吸・遮音材の追加や材質変更などを実施。ハイブリッドシステムの制御や充電効率の改良などにより、燃費性能も20.6km/リッター(JC08モード)に向上した。

グレード構成と価格は以下の通り。
・HS250h:410万円
・HS250h“バージョンC”:436万円
・HS250h“バージョンI”:470万円
・HS250h“バージョンL”:552万円

(webCG)

「レクサスHS250h“バージョンL”」
「レクサスHS250h“バージョンL”」
「HS250h」
「HS250h」
「HS250h“バージョンL”」のインテリア。内装色は新色のエクリュ。
「HS250h“バージョンL”」のインテリア。内装色は新色のエクリュ。
新色のブラック&ガーネットを用いた「HS250h“バージョンL”」のシート。
新色のブラック&ガーネットを用いた「HS250h“バージョンL”」のシート。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS500h/レクサスLS500h“Fスポーツ” 2017.6.26 画像・写真 トヨタ自動車は2017年6月26日、同年秋以降に発売を予定している「レクサスLS500h」とスポーティーバージョンの「LS500h“Fスポーツ”」を、国内で初披露した。その姿を写真で紹介する。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
  • 「トヨタ・エスクァイア」新デザインで登場 2017.7.3 自動車ニュース トヨタが5ナンバークラスの箱型ミニバン「エスクァイア」をマイナーチェンジ。フロントまわりの意匠を大幅に変更したほか、新グレードとして専用内装の最上級モデル「Gi“プレミアムパッケージ”」を設定した。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 「レクサスLS500h」日本国内で初公開 2017.6.26 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年6月26日、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の新型を、国内で初披露した。同年秋以降にハイブリッド車の「LS500h」が発売され、その後に、ガソリン車の「LS500」がデビューする見込み。
ホームへ戻る