第280回:大矢アキオの「待ってました! デトロイトショー」(前編)
空前のイタリア車展示に、長き道のりを思い出す

2013.01.25 エッセイ

第280回:大矢アキオの「待ってました! デトロイトショー」(前編) − 空前のイタリア車展示に、長き道のりを思い出す

勢いづくイタリア系モデル

V8の響き懐かしデトロイト……というわけで、今年も北米国際自動車ショー(デトロイトショー)にやってきた。今年のV8のスターといえば、プレスデイ初日にシボレーが華々しく発表した7代目「コルベット」であることは間違いなかろう。
しかし、イタリアから大西洋を飛び越えてやってきたボクが注目したのは、2009年に発足したフィアット クライスラー グループが着実な提携効果を挙げていたことだ。

まずは、2012年のデトロイトショーで2013年モデルとして発表され、同年夏から販売キャンペーンが開始された「ダッジ・ダート」である。
「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」とプラットォームを共有するこのクルマは、今回のショーで用意されたプレスリリースの中でも、アルファの血を引くことが強調されている。同時に、米国では1万5995ドル(約144万円)という戦略的プライスタグが下げられている。昨年12月の生産台数は3149台で、すでに兄貴分の「アベンジャー」「チャレンジャー」「チャージャー」を抜いている。幸先良い出だしだ。

フィアットブランドも勢いづいていた。今回は2014年モデルとして5ドアワゴン「500L」の米国仕様を初公開した。欧州仕様と同じくイタリア製エンジンを搭載したセルビア工場製だが、欧州仕様の全長が4147mmなのに対して、米国仕様はバンパー形状の違いから4246mmと99mmも長い。
メキシコ工場で生産されている「500」「500C」そして「フリーモント」(ダッジ・ジャーニーのOEM車)は、2012年に前年より約2万台増の11万台の生産を記録した。フィアットは全米販売の伸張率でも、前年比121%プラスでトップに躍り出た。

マセラティは今回のデトロイトで、かねてから話題となっていた新型「クアトロポルテ」をショーデビューさせた。マセラティにとって米国は2012年に2892台を売り、世界販売の46%を占めた重要なマーケットである。2009年と比べると倍増という勢いだ。したがって、新車発表の場としてデトロイトを選んだのは、当然ともいえよう。

そして、もうひとつ会期中にニュースがあった。フィアット クライスラーのセルジオ・マルキオンネCEOは、アルファ・ロメオブランドを「アルファ・ロメオ 4C」の投入とともに米国市場に復帰させる計画であることを発表した。

「アルファ・ロメオ ジュリエッタ」のプラットフォームを使用したことで話題になった「ダッジ・ダート」。2013年モデルイヤーを快走中。
第280回:大矢アキオの「待ってました! デトロイトショー」(前編)−空前のイタリア車展示に、長き道のりを思…
「フィアット500L」の米国仕様。欧州仕様とバンパー形状が異なる。エンジンは1.4リッターマルチエアターボ。
第280回:大矢アキオの「待ってました! デトロイトショー」(前編)−空前のイタリア車展示に、長き道のりを思…
デトロイトショー2013で公開された新型「マセラティ・クアトロポルテ」は、より大きく軽くなった。クルマの向こうでインタビューを受けているのはウェスターCEO(写真中央)。
第280回:大矢アキオの「待ってました! デトロイトショー」(前編)−空前のイタリア車展示に、長き道のりを思…

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。