新型「コルベット」の1号車、100万ドルで落札

2013.01.23 自動車ニュース

新型「シボレー・コルベットスティングレイ」の第1号車、100万ドルで落札

米ゼネラルモーターズは2013年1月20日、チャリティーオークションに出品した5台のシボレー製スポーツモデルが、合計で214万ドル(約1億9046万円:以下すべて1ドル=89円で換算)の値をつけたと発表した。

今回、シボレーのスポーツモデルが出品されたのは、2013年1月13日から1月20日にかけて開催された自動車オークションの「バレットジャクソン(Barrett-Jackson Scottsdale collector car auctions)」である。

5台の中でも最高値を付けたのは、7代目となる新型「シボレー・コルベットスティングレイ」の第1号車。シャシーナンバー「0001」が打刻されたこの個体は、ナスカーチームのオーナーであるリック・ヘンドリック氏により、105万ドル(約9345万円)の高値で落札された。

このほかにも、GMの会長兼CEOであるダン・アカーソン氏の1958年製「シボレー・コルベット」が27万ドル(約2403万円)、ドラッグレース用に開発された2012年式「コポ カマロコンバーチブル」が40万ドル(約3560万円)、2013年式「シボレー・コルベット 427コンバーチブル コレクターズエディション」が27万ドル(約2403万円)、2013年式「シボレー・カマロ ZL1コンバーチブル」が15万ドル(約1335万円)で落札された。

(webCG)

「シボレー・コルベットスティングレイ」
「シボレー・コルベットスティングレイ」 拡大
1958年製「シボレー・コルベット」を出品したダン・アカーソンGM会長兼CEO。(写真右手前)
1958年製「シボレー・コルベット」を出品したダン・アカーソンGM会長兼CEO。(写真右手前) 拡大

関連キーワード:
コルベットカマロシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る