新型「コルベット」の1号車、100万ドルで落札

2013.01.23 自動車ニュース
「シボレー・コルベットスティングレイ」
新型「コルベット」の1号車、100万ドルで落札

新型「シボレー・コルベットスティングレイ」の第1号車、100万ドルで落札

米ゼネラルモーターズは2013年1月20日、チャリティーオークションに出品した5台のシボレー製スポーツモデルが、合計で214万ドル(約1億9046万円:以下すべて1ドル=89円で換算)の値をつけたと発表した。

1958年製「シボレー・コルベット」を出品したダン・アカーソンGM会長兼CEO。(写真右手前)
新型「コルベット」の1号車、100万ドルで落札

今回、シボレーのスポーツモデルが出品されたのは、2013年1月13日から1月20日にかけて開催された自動車オークションの「バレットジャクソン(Barrett-Jackson Scottsdale collector car auctions)」である。

5台の中でも最高値を付けたのは、7代目となる新型「シボレー・コルベットスティングレイ」の第1号車。シャシーナンバー「0001」が打刻されたこの個体は、ナスカーチームのオーナーであるリック・ヘンドリック氏により、105万ドル(約9345万円)の高値で落札された。

このほかにも、GMの会長兼CEOであるダン・アカーソン氏の1958年製「シボレー・コルベット」が27万ドル(約2403万円)、ドラッグレース用に開発された2012年式「コポ カマロコンバーチブル」が40万ドル(約3560万円)、2013年式「シボレー・コルベット 427コンバーチブル コレクターズエディション」が27万ドル(約2403万円)、2013年式「シボレー・カマロ ZL1コンバーチブル」が15万ドル(約1335万円)で落札された。

(webCG)

関連キーワード:
コルベットカマロシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 第1回:新型「XC60」はここに注目! 2017.11.29 徹底検証! ボルボXC60 ボルボのミドルサイズSUV「XC60」がフルモデルチェンジ。日本国内でも2017年10月に販売が開始された。世界的に人気を博したモデルの新型には、どんな特徴があるのか。詳しく解説する。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記
  • メルセデス・ベンツE350eアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.12.1 試乗記