【スペック】全長×全幅×全高=3140×1705×1470mm/ホイールベース=2000mm/車重=990kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ スーパーチャージャー付き(122ps/5200rpm、17.7kgm/4400rpm)/価格=355万円(テスト車=同じ)

トヨタiQ GRMN スーパーチャージャー(FF/6MT)【試乗記】

やんちゃに見えても大人向け 2013.02.04 試乗記 トヨタiQ GRMN スーパーチャージャー(FF/6MT)
……355万円

「トヨタiQ」をベースに台数限定で開発された、コンプリートカーの「iQ GRMN スーパーチャージャー」。その実力を高速道路やワインディングロードで試した。

値段も仕立てもすっかり別モノ

「トヨタiQ GRMN スーパーチャージャー」については、すでにこのページで報告したことがある。でもあの時はプロトタイプで、今度は正式の市販モデル。舞台も当時はサーキット(富士スピードウェイのショートコース)だったが、今度は公道。やはりナンバー付きのクルマは、いつも走る道路で語り合ってこそ本当のインプレッションというわけで、再出演してもらった。

もっとも、市販モデルと言いながら、実はもう買えない悔しいクルマでもある。355万円もの値札なのに、12年7月上旬にネットで予約を受け付け開始と同時に問い合わせが殺到、9月末に発売されるや限定100台はアッという間に完売してしまったのだ。スーパーチャージャー仕様になる前のiQ GRMN第一期モデルも、限定100台で瞬時に完売だった。こんなに親しみやすく楽しさ満々のiQ、なんで限定生産なんだよ(怒&涙)。

全体の輪郭を駆け足で紹介すると、ベースはiQの「130G」。その4気筒1.3リッターエンジンにスーパーチャージャーで活を入れ、94psから122ps(プロトタイプは130ps)に強化、6段MTは各ギアの変速比をクロスさせ、瞬間ダッシュを重視してファイナルも4.562(ノーマルは3.736)に落としてある。サスペンションは30mmもローダウン、それに16インチの専用軽量アルミホイールと太いタイヤ(ブリヂストン・ポテンザRE050Aの195/55R16)という組み合わせは、大人の靴を履いた子供みたいで、迫力もあるがほほ笑ましくも見える。

エッジの利いたボディーパネルは、前後のバンパーやフェンダーのみならず、ドア、ピラーに至るまで専用品。ヘッドランプもノーマルと異なる黒塗装のパーツが採用されている。
トヨタiQ GRMN スーパーチャージャー(FF/6MT)【短評】
赤と黒のツートンカラーで仕立てられるインテリア。ダッシュボードの上には、別体型のタコメーターが置かれる。
トヨタiQ GRMN スーパーチャージャー(FF/6MT)【短評】
1.3リッターのスーパーチャージャー付きエンジンは、ベースモデルを36psと6.3kgm上まわる122psと17.7kgmを発生する。
トヨタiQ GRMN スーパーチャージャー(FF/6MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る