ロールス・ロイスが新型車「レイス」を発表【ジュネーブショー2013】

2013.01.21 自動車ニュース

ロールス・ロイスが新型車「レイス」を発表

【ジュネーブショー2013】ロールス・ロイス、ジュネーブショーで新型車「レイス」を発表

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2013年1月18日、新型車「レイス」の製造を正式に表明。本年3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーにおいて、世界初公開すると発表した。

「ロールス・ロイス レイス」(1939年)
ロールス・ロイスが新型車「レイス」を発表

「レイス」はロールス・ロイスの現行ラインナップにおいて、「ファントム」「ゴースト」に続く第3のモデルとして登場予定の新型車である。

「レイス(wraith)」という名称については、既存の他の2台と同じく、かつてロールス・ロイスがラインナップしていたモデルにあやかったものだ。初めてこの車名がロールス・ロイス車に用いられたのは1938年のことで、第二次大戦後もたびたびモデル名として起用されてきた、伝統ある名称である。

今のところ、詳細な仕様などの発表はないが、ロールス・ロイスのトルステン・ミラー・エトヴェシュCEOは新型車「レイス」について、「これまでで最も大胆なデザインと、最もドラマチックな性能を備えた、史上最もパワフルなロールス・ロイス」とコメントしている。

なお、納車開始は2013年第4四半期を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
レイスロールス・ロイスロールスロイスジュネーブモーターショー2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.26 試乗記 ブラック基調のドレスアップやスポーティーなチューニングを特徴とする、ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス ブラックバッジ」に試乗。メーカー自ら「ロールス・ロイスブランドのダークな側面を強調した」とアピールする、走りの質を報告する。
  • マクラーレン720Sラグジュアリー(MR/7AT)【試乗記】 2018.1.23 試乗記 最新のカーボンファイバーシャシーや最高出力720psのターボエンジンが与えられた、マクラーレンの中核モデル「720S」に試乗。歴代のマクラーレンを含む、さまざまなスーパースポーツに接してきた清水草一が、その実力を報告する。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
ホームへ戻る