ロールス・ロイスが新型車「レイス」を発表【ジュネーブショー2013】

2013.01.21 自動車ニュース

ロールス・ロイスが新型車「レイス」を発表

【ジュネーブショー2013】ロールス・ロイス、ジュネーブショーで新型車「レイス」を発表

英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2013年1月18日、新型車「レイス」の製造を正式に表明。本年3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーにおいて、世界初公開すると発表した。

「ロールス・ロイス レイス」(1939年)
ロールス・ロイスが新型車「レイス」を発表

「レイス」はロールス・ロイスの現行ラインナップにおいて、「ファントム」「ゴースト」に続く第3のモデルとして登場予定の新型車である。

「レイス(wraith)」という名称については、既存の他の2台と同じく、かつてロールス・ロイスがラインナップしていたモデルにあやかったものだ。初めてこの車名がロールス・ロイス車に用いられたのは1938年のことで、第二次大戦後もたびたびモデル名として起用されてきた、伝統ある名称である。

今のところ、詳細な仕様などの発表はないが、ロールス・ロイスのトルステン・ミラー・エトヴェシュCEOは新型車「レイス」について、「これまでで最も大胆なデザインと、最もドラマチックな性能を備えた、史上最もパワフルなロールス・ロイス」とコメントしている。

なお、納車開始は2013年第4四半期を予定している。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レイスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロールス・ロイス・レイス(FR/8AT)【試乗記】 2014.12.19 試乗記 ロールス・ロイスの2ドアクーペ「レイス」に試乗。歴史ある高級車メーカーが現代に送り出す、“ドライバーズカー”の運転感覚や乗り心地を報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
ホームへ戻る