「アウディR8」がマイナーチェンジ

2013.01.18 自動車ニュース
「アウディR8」
「アウディR8」がマイナーチェンジ

アウディ、高性能スポーツの「R8」に新開発の7段Sトロニックを搭載

アウディジャパンは2013年1月18日、マイナーチェンジが施された新型「R8」の予約受付を開始した。発売は2013年の初春を予定している。

※写真はいずれも本国仕様
「アウディR8」がマイナーチェンジ

今回の改良では、トランスミッションを6段のシングルクラッチ式セミATだった「Rトロニック」から、新開発となる7段デュアルクラッチ式の「Sトロニック」に変更。燃費と加速の両性能を向上させ、0-100km/h加速は「クーペ4.2FSIクワトロ」で4.3秒、「クーペ5.2FSIクワトロ」で3.6秒、「スパイダー5.2FSIクワトロ」で3.8秒となった。

一方で、MT車のラインナップ拡大も図っており、「クーペ4.2FSIクワトロ」に加えて「クーペ5.2FSIクワトロ」にも6段MT車を設定。より放熱性に優れたウエーブブレーキディスクを採用するなど、ブレーキシステムも改良している。

内外装については、エクステリアでは新形状のLEDヘッドライトやリアコンビネーションランプを採用したほか、フロントバンパーやグリル、ディフューザーなどの形状を変更。リアに装着する「R8」バッジのデザインも一新した。
一方インテリアでは、センターコンソールまわりにハイグロスブラックパーツを、パワーウィンドウスイッチなどにアルミニウム調パーツを採用。操作性を高めるため、シフトパドルも新形状となった。

各グレードの価格は以下の通り。
・クーペ4.2FSIクワトロ:1749万円(6MT)/1819万円(7AT)
・クーペ5.2FSIクワトロ:2069万円(6MT)/2139万円(7AT)
・スパイダー5.2FSIクワトロ: 2359万円(7AT)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る