【スペック】全長×全幅×全高=4625×1800×1460mm/ホイールベース=2810mm/車重=1620kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボ(184ps/4000rpm、38.7kgm/1750-2750rpm)/燃費=19.4km/リッター(JC08モード)/価格=511万円(テスト車=609万9000円)

BMW 320dブルーパフォーマンス ツーリング モダン(FR/8AT)【試乗記】

平熱で付き合えるBMW 2013.01.24 試乗記 BMW 320dブルーパフォーマンス ツーリング モダン(FR/8AT)
……609万9000円

「BMW 3シリーズツーリング」のクリーンディーゼル搭載モデルに試乗した。実直に働くディーゼルはステーションワゴンという道具にふさわしいエンジン。これぞベスト「3シリーズ」だ。

ガソリンモデルの20万円高

政権交代して2013年が明けたら、ガソリンが値上がりしてきた。安倍バブルによる円安をいち早く小売価格に反映させる、先取り値上げだろうか。
インフレターゲットとやらで、新政権も物価上昇にお墨付きを与えている。石油価格は投網をかけたようにさまざまな物の値段に影響する。それで、ガソリン値上げにもお墨付きが与えられたような結果になっているのかどうかはわからないが、いずれにしても、消費者にとっては大迷惑である。

軽油価格も上がっているが、しかしガソリンよりは安い。この構図が変わらないのは、日本の場合、産業振興で軽油の税率が低く設定されているからだ。
つまり、ディーゼル乗用車はお仕事用の安い燃料で走れる。そのかわり、ガソリンエンジンにはないネガに耐えなければならなかったのは、昔の話である。最新のクリーンディーゼルのほとんどは、燃料費の安さだけを享受できるクルマになった。とくに欧州車はハイオク指定だから、ディーゼルに乗り換えると1リッターあたり2ランク安くなった感じがするはずだ。2013年1月半ば現在で言うと、その差30円以上である。大きいゾ。

見るたびに上がるスタンドの表示はいまいましいが、軽油は常にガソリンより安い、と思えるのがディーゼルドライバーの特典だ。2013年はディーゼルが大ブレークしそうな予感がする。
新型「3シリーズ(F30)」から登場したディーゼル、「320d」も大人気らしい。今回乗ったのは「320dブルーパフォーマンス ツーリング モダン」。511万円の本体価格は、ガソリンの「320iツーリング モダン」の20万円高に収まる。ディーゼルをフツーに売っていこうという意図が見える戦略価格である。

2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボエンジンを搭載。184psと38.7kgmを発生する。
2リッター直4DOHC16バルブ ディーゼルターボエンジンを搭載。184psと38.7kgmを発生する。
「320dブルーパフォーマンス ツーリング モダン」の室内。8.8インチディスプレイ付きのHDDナビゲーションシステムやiDriveコントローラーなどが標準で装備される。
「320dブルーパフォーマンス ツーリング モダン」の室内。8.8インチディスプレイ付きのHDDナビゲーションシステムやiDriveコントローラーなどが標準で装備される。
NOx(窒素酸化物)吸蔵還元触媒を装着するため、尿素水溶液「アドブルー」を継ぎ足す必要はない。
NOx(窒素酸化物)吸蔵還元触媒を装着するため、尿素水溶液「アドブルー」を継ぎ足す必要はない。
 
BMW 320dブルーパフォーマンス ツーリング モダン(FR/8AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • BMW 335iツーリング Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2013.9.12 試乗記 その走りはまさにスポーツカー? 今や希少な直6エンジンに、専用チューニングのローダウンサスを組み合わせた「BMW 335iツーリング Mスポーツ」を試す。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • 第27回:どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)/BMW 320dツーリング スポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けて、より上質に磨き込まれた「マツダ・アテンザ」。しかし安穏とはしていられない。なぜならそこには強敵であるヨーロッパのプレミアムカーが立ちはだかっているからだ。例えば、走りへのこだわり。この点にかけては人後に落ちない「BMW 3シリーズ」と対面したときに、アテンザは一体どれだけ独自の個性を主張できるのだろうか。比較テストを試みた。
  • BMW 320i xDriveツーリング モダン(4WD/8AT)【試乗記】 2013.8.22 試乗記 4輪がガチッと路面をとらえる骨太なフィールこそが4WDドライビングの妙味? それとも、今どきの4WDは後輪駆動車のように軽いフットワークを持つべき? ハンドリングに一家言持つBMWは、こう考えている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注がスタート
    2017.5.8 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年5月8日、新型「ランドローバー・ディスカバリー」の受注を開始した。第5世代にあたる新型ディスカバリーは、2016年9月のパリモーターショーで世界初公開されていた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
ホームへ戻る