【スペック】全長×全幅×全高=5000×1880×1415mm/ホイールベース=2875mm/車重=1980kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブターボ(524ps/5250-5750rpm、71.3kgm/1750-5000rpm)/燃費=8.8km/リッター(JC08モード)/価格=1680万円(テスト車=1792万円/マットペイント<マンガナイトグレー>=22万円/designoウッドフロア<EASY-PACKフィックスキット付き>=50万円/Bang&Olufsen BeoSound AMGサウンドシステム=40万円)

メルセデス・ベンツCLS63 AMG シューティングブレーク(FR/7AT)【試乗記】

これぞ本当のスポーツワゴン 2013.01.21 試乗記 メルセデス・ベンツCLS63 AMG シューティングブレーク(FR/7AT)
……1792万円

荷物を運ぶだけのワゴンはつまらない。「CLSシューティングブレーク」の最上級グレードは、そのスタイルが語るとおり、どこまでもスポーティーで洗練されたワゴンだ。

スタイルを優先したワゴン

“4ドアクーペ”ブームの火付け役である「メルセデス・ベンツCLS」に、新たに追加されたバリエーションが「CLSシューティングブレーク」。“シューティングブレーク”は、クーペにラゲッジスペースを追加したスタイルを指すが、CLSは4ドアクーペだから、その荷室充実版もシューティングブレークを名乗る資格がある、という論理なのだ。

ところで、私自身、これまで何台かステーションワゴンを所有したことがあるが、荷室の天井まで荷物を積んだのは数えるほど。たくさん荷物が積めるから……というよりは、テールゲートがあるほうが使い勝手がいいという理由でステーションワゴンを選んできた。

だからときどき「本当にステーションワゴンが必要なのだろうか?」と自問することになるのだが、私のようにライトなワゴンユーザーにとって、CLSシューティングブレークはまさに“いいところを突いてきた”クルマである。美しいルーフラインと引き換えにラゲッジスペースが少々狭くなっても、実はあまり困らない。そもそも、全長5m級のクルマだけに、ノッチバックのボディーでも荷室には十分余裕があるのだから。

ステーションワゴンからの卒業を考えているユーザーにとって希望の星となりそうなCLSシューティングブレーク、今回は最もスポーティーなグレードである「CLS63 AMG シューティングブレーク」を試乗会で味見することができた。

「CLS63 AMG」にはセミアニリンレザーのAMGスポーツシートが標準で装備される。内装色はアーモンドベージュ。
メルセデス・ベンツCLS63 AMG シューティングブレーク(FR/7AT)【短評】
後方に向かってなだらかに弧を描くルーフラインが特徴的なサイドビュー。ホイールはチタニウムグレーペイントのAMG5トリプルスポーク。タイヤサイズは、前が255/35R19、後ろは285/30R19。
メルセデス・ベンツCLS63 AMG シューティングブレーク(FR/7AT)【短評】
 
メルセデス・ベンツCLS63 AMG シューティングブレーク(FR/7AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLSシューティングブレークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る