【スペック】全長×全幅×全高=4905×1900×1375mm/ホイールベース=2850mm/車重=1910kg/駆動方式=FR/4.4リッターV8DOHC32バルブツインターボ(560ps/6000rpm、69.3kgm/1500-5750rpm)/価格=1695万円(テスト車=1740万5000円/Mライトアロイホイール・ダブルスポークスタイリング343M=26万円、フロントベンチレーションシート=19万5000円)

BMW M6クーペ(FR/7AT)【試乗記】

Mの宿命 2013.01.20 試乗記 BMW M6クーペ(FR/7AT)
……1740万5000円

今や速さだけではスーパースポーツカーとは呼べない。日常的に乗れる柔軟性も不可欠で、それが「現代的高性能」というもの。すなわちMの宿命なのだ。

ちょっと前ならレーシングカー

全力加速するとちょっと気が遠くなる車、慣れていない人ならまず間違いなく気分が悪くなるほどの強烈な加速力を持つ車はめったにあるものではない。しかも、真っすぐフル加速するだけなら特別な技量は必要なし、スロットルペダルをただ踏みつけるだけ。それでいながら、大渋滞の中でも一切気難しさを見せず、完璧な空調と上等な仕立てによって快適な空間を提供し、アイドリングストップさえ備える。そんな車となるとさらにまれである。メディアはどうしてもすごい車、高性能な車ばかりを取り上げがちだから、金さえ出せばそれが当たり前のように思えるかもしれないが、決してそんなことはない。悪魔のような速さだけならまだしも、天使のような包容力も持ち合わせた車となると、今なおごく限られているのだ。

といっても、高性能と実用性の両立を主張するメーカーは実際にいくらでもあるが、問題はそのレベルだ。何しろ「M6」のパワーユニットは560ps(412kW)/6000rpmと69.3kgm(680Nm)/1500-5750rpmを発生、「M DCTドライブロジック」と称する7段ダブルクラッチ・トランスミッションを装備し、BMWによると0-100km/h加速は4.2秒だという。これはひと昔前ならルマン24時間レースに出場するプロトタイプレーシングカー並みのパワーであり、速さもいわゆるスーパーカーレベルである。
加速データは例えばかつての「フェラーリF40」を軽く上回るものだが、F40の場合は岩のように重いクラッチと、正確さが求められるシフトレバーを電光石火で操作しなければならなかったし、日常走行に使っている人を見たこともない。それに対してM6は、いつでも誰でも、それこそAT限定免許取りたてのママでも幼稚園の送り迎えに使うことができる。これこそ技術の進歩と言うべきだろう。

全長は4905mmと大柄。サイドビューはいかにも2ドアクーペらしい、伸びやかで優美なもの。
全長は4905mmと大柄。サイドビューはいかにも2ドアクーペらしい、伸びやかで優美なもの。
バルクヘッドに寄せて搭載された4.4リッターV8ツインターボエンジンがこの車のただならぬ素性を物語る。
バルクヘッドに寄せて搭載された4.4リッターV8ツインターボエンジンがこの車のただならぬ素性を物語る。
カーボンファイバーのインテリアトリムがスポーティーな雰囲気をかもし出す。
カーボンファイバーのインテリアトリムがスポーティーな雰囲気をかもし出す。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

M6クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
ホームへ戻る