「日産エクストレイル」に新グレード登場

2013.01.17 自動車ニュース

「日産エクストレイル」に新グレード登場

日産自動車は、SUVの「エクストレイル」に新グレードを追加し、2013年1月11日に発売した。

今回、ディーゼル車とガソリン車のそれぞれに、新たなグレードが設定された。
ディーゼル車の新グレード「20GT S」(4WD)は、既存の「20GT」をベースに、全席のシートヒーターを省きアルミホイールを1インチ小さなものに変更する(18インチ→17インチ)など、装備を見直すことでリーズナブルな価格設定としたもの。
価格は、6MT車が273万7350円で、6AT車が278万9850円。いずれも「20GT」に比べて38万6400円安となっている。

もう一台の「25Xtt」は、これまでの2.5リッターのガソリン車「25X」(4WD)をベースに、キセノンヘッドランプとハイパールーフレールを標準装備としたモデル。「25X」と入れ替えに、新たにラインナップに加えられた。トランスミッションはCVTのみで、価格は262万1850円。

また、上記2モデルについては、大型フォグランプやアンダーカバーなどで一段とタフなイメージが演出された「エクストリーマーX」仕様車が、日産のカスタマイズカーを手がけるオーテックから同時に発売された。
価格は、「20GT S エクストリーマーX」の6MT車が289万4850円で、6AT車が294万7350円。「25Xtt エクストリーマーX」が278万9850円。

(webCG)

「日産エクストレイル20GT S」
「日産エクストレイル20GT S」
「25Xtt」
「25Xtt」
「25Xtt エクストリーマーX」
「25Xtt エクストリーマーX」
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る