「日産エクストレイル」に新グレード登場

2013.01.17 自動車ニュース

「日産エクストレイル」に新グレード登場

日産自動車は、SUVの「エクストレイル」に新グレードを追加し、2013年1月11日に発売した。

今回、ディーゼル車とガソリン車のそれぞれに、新たなグレードが設定された。
ディーゼル車の新グレード「20GT S」(4WD)は、既存の「20GT」をベースに、全席のシートヒーターを省きアルミホイールを1インチ小さなものに変更する(18インチ→17インチ)など、装備を見直すことでリーズナブルな価格設定としたもの。
価格は、6MT車が273万7350円で、6AT車が278万9850円。いずれも「20GT」に比べて38万6400円安となっている。

もう一台の「25Xtt」は、これまでの2.5リッターのガソリン車「25X」(4WD)をベースに、キセノンヘッドランプとハイパールーフレールを標準装備としたモデル。「25X」と入れ替えに、新たにラインナップに加えられた。トランスミッションはCVTのみで、価格は262万1850円。

また、上記2モデルについては、大型フォグランプやアンダーカバーなどで一段とタフなイメージが演出された「エクストリーマーX」仕様車が、日産のカスタマイズカーを手がけるオーテックから同時に発売された。
価格は、「20GT S エクストリーマーX」の6MT車が289万4850円で、6AT車が294万7350円。「25Xtt エクストリーマーX」が278万9850円。

(webCG)

「日産エクストレイル20GT S」
「日産エクストレイル20GT S」
「25Xtt」
「25Xtt」
「25Xtt エクストリーマーX」
「25Xtt エクストリーマーX」

関連キーワード:
エクストレイル日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
  • 日産エクストレイル 2017.6.8 画像・写真 日産のミドルサイズSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」をはじめとした装備の大幅な強化に加え、フロントマスクを中心にデザインにも手が加えられた。より“タフギア”となったその姿を紹介する。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記
  • 日産が「エクストレイル」をマイナーチェンジ 2017.6.8 自動車ニュース