第279回:「ムルティプラ」が“おやじボイス”だった頃。涙なみだの欧州カーナビ史

2013.01.18 エッセイ

第279回:「ムルティプラ」が“おやじボイス”だった頃。涙なみだの欧州カーナビ史

「ランチア・カッパ」(写真はセダン)
第279回:「ムルティプラ」が“おやじボイス”だった頃。涙なみだの欧州カーナビ史

起亜自動車とGoogleマップ

2012年末から2013年初めにかけて、ヨーロッパ自動車界の話題をさらったものといえば、意外にも韓国の起亜自動車だった。
まずは2012年12月28日、アウディ在籍時代に「アウディTT」を手がけたことで知られるドイツ人デザイナー、ペーター・シュライヤー氏を社長に抜擢したこと。もうひとつは、カーナビに関することだった。2013年1月3日、グループ内のヒュンダイとともに2013年中盤から北米で販売する車両に、「Google(グーグル)」および「Googleマップ」機能を搭載したインフォテレマティックシステムを採用することを発表したのだ。

グーグルは、すでに2010年からアンドロイドOS搭載スマートフォン向けに「Googleマップナビ」サービスの提供を始めている。また、いわゆるスタンドアローンのカーナビと違い、パケット通信料は発生することも事実だ。
しかしメーカー純正カーナビと、世界一有名な地図アプリとの統合は、従来通信式カーナビのハード/ソフトに高いお金を払っていた人や、それ以前に、ボクのように純正装着カーナビの地図ソフトが年を追うごとに古くなって悲しい思いをしたことのある人にとっては、かなりの朗報である。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。