【スペック】2.0XT EyeSight:全長×全幅×全高=4595×1795×1735mm/ホイールベース=2640mm/車重=1620kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ(280ps/5700rpm、35.7kgm/2000-5600rpm)/燃費=13.2km/リッター(JC08モード)/価格=293万6850円(テスト車=325万1850円/プレミアムセレクション<本革シート+パワーリアゲート+SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ>=15万7500円/大型サンルーフ=10万5000円/ルーフレール=5万2500円)

スバル・フォレスター2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】

マジメなエンジニアリング 2013.01.18 試乗記 スバル・フォレスター2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/2.0XT EyeSight(4WD/CVT)
……325万1850円/300万3000円

4代目となったスバルのSUV「フォレスター」をオフロードコースで試乗した。

スバルの“歴史”という財産

初代はワゴンでもSUVでもない、いわゆるクロスオーバーモデルのはしりだった「フォレスター」。ほかのどのクルマにも似てなくて、スキー場や海辺の駐車場で見るとカッコよかった。その後、一番たくさん買ってくれるアメリカ市場さまの言うことを聞いていたらどんどんサイズがアップして、4代目の新型で、ついに典型的なSUVとなった。いや、ちょっと初代のコンセプトとサイズの絶妙さを懐かしく思っただけで、SUVじゃダメというわけではない。新型フォレスターは現行スバル車の中では最もハンサムだと思う。

フォレスターは、「インプレッサ」がベース。インプレッサも世代を重ねるたびに大きくなっているから、フォレスターも大きくなるのだ。新型も先代より少しだけ大きくなった。ただし、依然としてライバルの「三菱アウトランダー」「マツダCX-5」「トヨタRAV4」「トヨタ・ヴァンガード」よりも少し小さめ。正確に言うと、全長が少し長く全幅がかなり狭い。近いのは「日産エクストレイル」だ。このクラスの国産SUVは同時にグローバルカーであることが多く、フォレスターも世界戦略車のイメージが強いが、意外にも全長が長く全幅が狭い、日本の路上に合ったカタチをしている。

当然、水平対向エンジンを縦置きしたシンメトリカルなパワートレインを採用する4WD車だ。廉価版のFWD(前輪駆動)を設けないところが潔い(あとから出さないでね)。スバルの皆さんは新車が出るたびに百瀬晋六さんのお墓参りに行ってもいいくらいだ(ちゃんと顕彰していらっしゃるだろうが)。スバルが盛んに「シンメトリカルAWD」とPRするように、FWDしかなかった「スバル1000」の時代から、水平対向エンジンとトランスミッションを縦置きしてきたため、1972年の4WD商品化に際し、トランスミッションからそのまま後ろにプロップシャフトをまっすぐ伸ばすだけでリアアクスルにつなげることができた。

百瀬さん――かの「スバル360」も設計された方――が、スバル初のFWD車である「1000」を縦置きレイアウトとしたのは、将来の4WD化を考慮していたわけではなく、パッケージに優れるからだというが、このレイアウトがなければ、シンメトリカルAWDも「BRZ」もなかったかもしれない。独自路線を貫くには苦労もあるだろうが、歴史という、あとから金で買えない財産によって、システムにまで興味のない人からも「スバル(の4WD)はどこか違う」というイメージを獲得できている。

「フォレスター」に搭載されるエンジンは2リッター水平対向4気筒直噴ターボ(280ps/35.7kgm)と写真の自然吸気の2リッター水平対向4気筒(148ps/20.0kgm)の2種類。
「フォレスター」に搭載されるエンジンは2リッター水平対向4気筒直噴ターボ(280ps/35.7kgm)と写真の自然吸気の2リッター水平対向4気筒(148ps/20.0kgm)の2種類。
「2.0i-S EyeSight」の室内。死角の少ないピラー形状となっている。
「2.0i-S EyeSight」の室内。死角の少ないピラー形状となっている。
ドアがボディーのサイドシルを覆う形状なので、乗降時に服を汚す心配が少ない。
ドアがボディーのサイドシルを覆う形状なので、乗降時に服を汚す心配が少ない。

スバル・フォレスター2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
ホームへ戻る