新型「レクサスIS」が登場【デトロイトショー2013】

2013.01.16 自動車ニュース

【デトロイトショー2013】トヨタ、新型「レクサスIS」を発表

トヨタ自動車は2013年1月14日、北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー、会期:2013年1月14日〜27日)において、新型「レクサスIS」を発表した。

今回発表された新型「レクサスIS」は、スポーティーな内外装のデザインや、新技術による優れた走行性能、ハイブリッドモデル「IS300h」の設定などが特徴とされている。

「シャープな面構成で力強さとスポーティーさを表現した」という外観には、ヘッドランプユニットから独立したL字型のクリアランスランプを装備。またISとして初めて、レクサス独自のデザインアイコンである「スピンドルグリル」を採用した。

一方インテリアでは、快適性と洗練されたデザインの両立を重視。室内空間を拡大することで後席居住性を向上させたほか、水平基調のインストゥルメントパネルを備えた運転席まわりには、ナビゲーションやオーディオの情報をメーター内に表示するマルチモニターや、PCのマウス感覚でナビゲーションを操作できる「リモートタッチ」などを装備する。

また、事故の際にボンネットの後方を持ち上げ、歩行者の頭部にかかる衝撃を緩和するポップアップフードを、レクサス車として初めて採用した。

動力性能の向上については、スポット溶接とレーザー溶接の長所を兼ね備えた「レーザースクリューウェルディング」や、「構造用接着剤」などの技術を多数導入。ボディー剛性を高めることで、優れた操縦性と走行安定性を追及している。

ラインナップは、2.5リッターV6の「IS250」、3.5リッターV6の「IS350」に加え、2.5リッター直4エンジンとモーターを組み合わせた「IS300h」の3種類を用意する。

新設定の「IS300h」は、CO2排出量100g/km以下を目標に開発されたハイブリッドモデルであり、システム最高出力220psの動力性能と、燃費性能の両立を図っている。一方、「IS350」は新たに8段ATを搭載。滑らかな加速と高い応答性を実現したという。

また、いずれのモデルにもスポーティーバージョンの「Fスポーツ」を設定。専用チューニングのサスペンションや、新工法の「表皮一体発泡」を採用したスポーツシート、「レクサスLFA」の機構を受け継ぐ可動式メーターなどを採用する。

日本市場での発売は、2013年春の予定。

<主要諸元>
全長×全幅×全高=4665×1810×1430mm
ホイールベース=2800mm
乗車定員=5人
駆動方式=FR(「IS250」「IS350」には4WDも用意)
パワートレイン
「IS250」
・2.5リッターV6(204ps/6400rpm、25.5kgm/4800rpm)/6段AT
「IS350」
・3.5リッターV6(306ps/6400rpm、38.2kgm/4800rpm)/8段AT(4WD車は6段AT)
「IS300h」
・2.5リッター直4(174ps/6000rpm、21.9kgm/4400rpm)+モーター(141ps、30.6kgm)/電気式無段変速機

(webCG)

※写真と主要諸元はいずれも北米仕様。

→新型「レクサスIS」のより詳細な写真はこちら

新型「レクサスIS350」
新型「レクサスIS」が登場【デトロイトショー2013】
新型「IS350」のインテリア。
新型「レクサスIS」が登場【デトロイトショー2013】
新たに設定されたハイブリッドモデルの「IS300h」。
新型「レクサスIS」が登場【デトロイトショー2013】
「IS350“Fスポーツ”」
新型「レクサスIS」が登場【デトロイトショー2013】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ISの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る