アバルトがオーダーメイドプログラムを開始【パリサロン2012】

2012.09.19 自動車ニュース

アバルトがオーダーメイドプログラムを開始【パリサロン2012】

伊フィアットは2012年9月17日、アバルト車を顧客の要望に応じてカスタマイズする「アバルト・フォーリセリエ・プログラム」を開始すると発表した。プログラムの詳細はパリモーターショー(2012年9月27日〜10月14日)で明らかにされる予定。

フォーリセリエ(Fuori Serie)とは「シリーズ外」を意味するイタリア語。自動車の分野ではカタログに載る量産モデルではなく、顧客のオーダーに応じて造られたスペシャルモデルを指す場合が多い。

今回フィアットが始めるサービスは、オプションパーツの装着程度にとどまるものではなく、「究極のレベルのカスタマイズ」がうたわれている。顧客はアバルト部門のデザイナー、エンジニア、メカニックらによって編成されるチームと面会し、細部に至るまで自分の好みを伝えられる機会が設けられるという。

カスタマイズのベース車両となるのは、180psまでチューンされたエンジンを搭載する「アバルト695」。車両を仕上げていくに当たり、量産モデルでは用意されないカラーリングや素材なども選択することができる。

(webCG 竹下)

「フォーリセリエ・プログラム」で仕立てられた「アバルト695」。
「フォーリセリエ・プログラム」で仕立てられた「アバルト695」。 拡大
アバルトがオーダーメイドプログラムを開始【パリサロン2012】の画像 拡大

関連キーワード:
500フィアットパリモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500S(FF/5MT)【試乗記】 2015.6.15 試乗記 デビューから8年を経ても、唯一無二の魅力は健在? 2気筒ターボに5段マニュアルトランスミッションを組み合わせた「フィアット500S」の試乗を通し、揺るがぬ個性と進化の度合いを確かめた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • レジャー装備を強化した「パンダ4×4」が登場 2015.1.21 自動車ニュース 「パンダ4×4」に、レジャーで役立つ装備を追加した特別仕様車が登場。
  • “地球”をイメージした特別なパンダ4×4登場 2015.12.2 自動車ニュース FCAジャパンは特別仕様車「フィアット・パンダ4x4テッラ」を2015年12月12日に80台限定で発売すると発表した。今回の限定モデルの特徴は外装色にあり、「スイートキャンディーベージュ」と「ヴェネチアンブルー」という、2色のアースカラーが設定されている。
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
ホームへ戻る