アバルトがオーダーメイドプログラムを開始【パリサロン2012】

2012.09.19 自動車ニュース
「フォーリセリエ・プログラム」で仕立てられた「アバルト695」。
アバルトがオーダーメイドプログラムを開始【パリサロン2012】

アバルトがオーダーメイドプログラムを開始【パリサロン2012】

伊フィアットは2012年9月17日、アバルト車を顧客の要望に応じてカスタマイズする「アバルト・フォーリセリエ・プログラム」を開始すると発表した。プログラムの詳細はパリモーターショー(2012年9月27日〜10月14日)で明らかにされる予定。

アバルトがオーダーメイドプログラムを開始【パリサロン2012】

フォーリセリエ(Fuori Serie)とは「シリーズ外」を意味するイタリア語。自動車の分野ではカタログに載る量産モデルではなく、顧客のオーダーに応じて造られたスペシャルモデルを指す場合が多い。

今回フィアットが始めるサービスは、オプションパーツの装着程度にとどまるものではなく、「究極のレベルのカスタマイズ」がうたわれている。顧客はアバルト部門のデザイナー、エンジニア、メカニックらによって編成されるチームと面会し、細部に至るまで自分の好みを伝えられる機会が設けられるという。

カスタマイズのベース車両となるのは、180psまでチューンされたエンジンを搭載する「アバルト695」。車両を仕上げていくに当たり、量産モデルでは用意されないカラーリングや素材なども選択することができる。

(webCG 竹下)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

500の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • パリモーターショー2016の会場から(その4) 2016.10.3 画像・写真 2016年9月29日に開幕したパリモーターショー2016。FCAは「アルファ・ロメオ・ジュリア」の高性能グレード「ヴェローチェ」を公開した。「フィアット124スパイダー アメリカ」や、「フィアット500リヴァ」なども展示された。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.6.7 試乗記 アルファ・ロメオのFRセダンが懐かしい名前とともに帰ってきた。510psを誇る「ジュリア クアドリフォリオ」を頂点に据えた新しい「ジュリア」ファミリー。その仕上がり具合を、故郷イタリアのテストコースと公道で試した。
ホームへ戻る