MINIクロスオーバーに218psの高性能モデル

2013.01.15 自動車ニュース

BMW、「MINIクロスオーバー」に218psの高性能モデル「ジョンクーパーワークス」を設定

BMWジャパンは2013年1月15日、「MINIクロスオーバー」に高性能モデルの「ジョンクーパーワークス」を設定し、発売した。

今回設定された「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」は、「ジョンクーパーワークス」のラインナップとしては、初の4ドア車、4WD車となる。

エンジンは、他の「ジョンクーパーワークス」と同じ1.6リッターの直4ターボを搭載しており、最高出力は218ps/6100rpm、最大トルクは28.6kgm/1900-5000rpmを発生。オーバーブースト機能を作動させれば、最大トルクは30.6kgmまで高めることができる。

また、「バルブトロニック」や「高精度ダイレクトインジェクション」「ブレーキ回生システム」「エンジンオートマチックスタートストップ機能(MT仕様のみ)」などの技術も採用。燃費にも配慮がなされている。

内外装も特別な仕立てとなっており、エクステリアには「ジョンクーパーワークス」専用のエアロキットを装着。インテリアではメーターパネルにアンソラサイトを、ステアリングやシフトノブには赤いステッチを採用。他のモデルとの差別化を図っている。

価格は6段MT仕様が447万円、6段AT仕様が460万円。

(webCG)

→「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」のより詳細な写真はこちら

「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」
「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」

MINIクロスオーバーに218psの高性能モデルの画像

MINIクロスオーバーに218psの高性能モデルの画像

MINIクロスオーバーに218psの高性能モデルの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る