日産が“新型スカイライン”を発表【デトロイトショー2013】

2013.01.15 自動車ニュース
「インフィニティQ50」
日産が“新型スカイライン”を発表【デトロイトショー2013】

【デトロイトショー2013】日産が“新型スカイライン”を発表

日産自動車は2013年1月14日、デトロイトショーで海外市場向け高級ブランド・インフィニティの新型セダン「Q50」を発表した。

「インフィニティQ50」は現行「G37セダン」(日本名:スカイライン)の後継車。今後のインフィニティ車は新ネーミング戦略にのっとり、セダンとコンバーチブルが「Q」、クロスオーバーとSUVが「QX」を名乗る。今回のQ50はその最初のモデルとなる。

328psを発生する3.7リッターV6エンジンのほか、2つのクラッチを持つハイブリッドシステム「ダイレクトレスポンス・ハイブリッドシステム」を搭載する。駆動方式はFRと4WDが設定される。

また、「インフィニティ・ダイレクトアダプティブステアリング」と呼ばれる“ステアバイワイヤ”システムが用意される。これはステアリング操作を電気信号に置き換えて、アクチュエーター(モーター)で前輪を動かすもの。量産車としては世界初の試みとなる。

Q50は、北米市場では2013年の夏に発売される予定。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る