日産が“新型スカイライン”を発表【デトロイトショー2013】

2013.01.15 自動車ニュース
「インフィニティQ50」
日産が“新型スカイライン”を発表【デトロイトショー2013】

【デトロイトショー2013】日産が“新型スカイライン”を発表

日産自動車は2013年1月14日、デトロイトショーで海外市場向け高級ブランド・インフィニティの新型セダン「Q50」を発表した。

「インフィニティQ50」は現行「G37セダン」(日本名:スカイライン)の後継車。今後のインフィニティ車は新ネーミング戦略にのっとり、セダンとコンバーチブルが「Q」、クロスオーバーとSUVが「QX」を名乗る。今回のQ50はその最初のモデルとなる。

328psを発生する3.7リッターV6エンジンのほか、2つのクラッチを持つハイブリッドシステム「ダイレクトレスポンス・ハイブリッドシステム」を搭載する。駆動方式はFRと4WDが設定される。

また、「インフィニティ・ダイレクトアダプティブステアリング」と呼ばれる“ステアバイワイヤ”システムが用意される。これはステアリング操作を電気信号に置き換えて、アクチュエーター(モーター)で前輪を動かすもの。量産車としては世界初の試みとなる。

Q50は、北米市場では2013年の夏に発売される予定。

(webCG)

関連キーワード:
スカイライン日産デトロイトモーターショー2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT)【試乗記】 2014.5.6 試乗記 数々の次世代技術を搭載し、かつてないドライビングプレジャーを提供するという最新型「スカイライン」。その実力は、どれほどのものなのか? 最上級グレード「Type SP」で試した。
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • 伝統を継ぐということ(前編) 2014.10.9 新型「スカイライン」命名の地を駆ける 日産スカイライン200GT-t Type SP(FR/7AT)/スカイライン350GT ハイブリッド Type SP(FR/7AT) 13代の歴史を数え、今や日産を代表する伝統のセダンとなった「スカイライン」。最新モデルの実力をはかるべく、ターボとハイブリッドの両モデルとともに草津白根山のワインディングロードを目指した。
  • 日産スカイライン350GT ハイブリッド Type P(FR/7AT)【試乗記】 2014.3.19 試乗記
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.9.23 試乗記