日産が“新型スカイライン”を発表【デトロイトショー2013】

2013.01.15 自動車ニュース
「インフィニティQ50」
日産が“新型スカイライン”を発表【デトロイトショー2013】

【デトロイトショー2013】日産が“新型スカイライン”を発表

日産自動車は2013年1月14日、デトロイトショーで海外市場向け高級ブランド・インフィニティの新型セダン「Q50」を発表した。

「インフィニティQ50」は現行「G37セダン」(日本名:スカイライン)の後継車。今後のインフィニティ車は新ネーミング戦略にのっとり、セダンとコンバーチブルが「Q」、クロスオーバーとSUVが「QX」を名乗る。今回のQ50はその最初のモデルとなる。

328psを発生する3.7リッターV6エンジンのほか、2つのクラッチを持つハイブリッドシステム「ダイレクトレスポンス・ハイブリッドシステム」を搭載する。駆動方式はFRと4WDが設定される。

また、「インフィニティ・ダイレクトアダプティブステアリング」と呼ばれる“ステアバイワイヤ”システムが用意される。これはステアリング操作を電気信号に置き換えて、アクチュエーター(モーター)で前輪を動かすもの。量産車としては世界初の試みとなる。

Q50は、北米市場では2013年の夏に発売される予定。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第45回:スターの幸福感 2017.6.13 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第45回は「スターの幸福感」。“巨乳”の「フェラーリ458イタリア」を手放し、“ステキなCカップ”「フェラーリ328GTS」を手に入れた筆者。新入りの赤いフェラーリがもたらしたヨロコビとは? 
  • ベントレー・コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.1 試乗記 高級車市場において、かつて考えられなかったほど多くの支持を集める、現代のベントレー。最高出力528psのオープンモデル「コンチネンタルGT V8 Sコンバーチブル」に試乗し、人気の理由や今後の課題について考えた。
  • 日産スカイラインGTS-R ETC出場車(1988年) 2017.5.24 画像・写真 欧州ツーリングカー選手権やスパ・フランコルシャン24時間レースに参戦。世界に挑んだ初めてワークス・スカイラインこと「スカイラインGTS-R ETC」が、日産名車生クラブによってレストアされることとなった。その姿を写真で紹介する。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る