クライスラーからマッスルな“SRT”が復活【東京オートサロン2013】

2013.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン2013】クライスラーのハイパフォーマンスシリーズ“SRT”が日本再上陸

フィアット クライスラー ジャパンは2013年1月11日、千葉県の幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2013 with NAPAC」にSRTブースを出展。「ジープ・グランドチェロキー SRT8」と「クライスラー300 SRT8」の2台を発表した。

■排気量は軽自動車10台分!

「SRT」とは「Street and Racing Technology」の略称であり、クライスラーが展開するハイパフォーマンスカーブランドにあたる。2002年の誕生当時は、各モデルの最上級グレードの呼称として使われていたが、2011年に高性能モデルを開発、販売するブランドとして独立した。

日本でも、かつて「クライスラー300C」と「ジープ・グランドチェロキー」「ダッジ・チャージャー」のSRT8が正規導入されていたが、いずれもすでに販売は終了。今回、二度目の上陸をはたした。

今回日本に導入されるのは、「クライスラー300 SRT8」と「ジープ・グランドチェロキー SRT8」の2モデル。いずれも先代モデルより300ccほど排気量の大きな6.4リッターV8エンジンを搭載しており、前者は472ps/6100rpm、64.3kgm/4150rpm、後者は468ps/6250rpm、63.6kgm/4100rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは、いずれも5段ATとなる。

内外装も特別に仕立てられており、ともに専用のエアロパーツや20インチホイール、「SRT」のロゴがあしらわれたナッパレザーとスエードのコンビシートなどが採用される。さらに「300」には、SRT8専用フロントグリルや、ポルトローナフラウ社製の“フォリーニョ”レザーインテリアトリム、Harman Kardon製プレミアムスピーカーなども用意されている。

また「グランドチェロキー」については、特別限定車の「グランドチェロキー SRT8アルパイン」「グランドチェロキー SRT8ベイパー」も同時に発表された。ともにブラッククロームの20インチアルミホイールやグロスブラックのフロントグリルなどで外装がコーディネートされており、「ベイパー」は黒、「アルパイン」はSRT8としては初となる白のボディーカラーが採用される。

発売は2013年3月2日を予定しており、「ベイパー」は50台、「アルパイン」は20台の限定で販売される。

各モデルの価格は以下の通り。
・クライスラー300 SRT8:638万円
・ジープ・グランドチェロキー SRT8:688万円
・ジープ・グランドチェロキー SRT8アルパイン:698万円
・ジープ・グランドチェロキー SRT8ベイパー:698万円

(webCG)

「クライスラー300 SRT8」と「ジープ・グランドチェロキーSRT8」
「クライスラー300 SRT8」と「ジープ・グランドチェロキーSRT8」 拡大
「300 SRT8」と、フィアット クライスラー ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長。
「300 SRT8」と、フィアット クライスラー ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長。 拡大
「300 SRT8」のインパネまわり。
「300 SRT8」のインパネまわり。 拡大
レザーとスエードのコンビシート。写真は「300 SRT8」のもの。
レザーとスエードのコンビシート。写真は「300 SRT8」のもの。 拡大
「ジープ・グランドチェロキー SRT8」。展示されていたのは、3月2日発売予定の特別限定車「アルパイン」だ。
「ジープ・グランドチェロキー SRT8」。展示されていたのは、3月2日発売予定の特別限定車「アルパイン」だ。 拡大
SRT8シリーズに搭載される6.4リッターV8エンジン。半球状の燃焼室を取り入れた特殊なOHVエンジンで、1気筒あたり2本のスパークプラグや可変バルブタイミング、負荷の少ない走行状況下で4気筒を休止する気筒休止システムなどが採用されている。
SRT8シリーズに搭載される6.4リッターV8エンジン。半球状の燃焼室を取り入れた特殊なOHVエンジンで、1気筒あたり2本のスパークプラグや可変バルブタイミング、負荷の少ない走行状況下で4気筒を休止する気筒休止システムなどが採用されている。 拡大

関連キーワード:
300Cグランドチェロキークライスラージープ東京オートサロン2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • クライスラー300C SRT8(FR/5AT)【試乗記】 2006.7.26 試乗記 クライスラー300C SRT8(FR/5AT)
    ……726万6000円

    ゴツさが人気の「クライスラー300C」にハイパフォーマンスモデルが登場。ただでさえ大きな5.7リッターOHVのHEMIユニットを6.1リッターまで拡大した心臓に、併せてチューニングされた足まわりを持つ。ゴツいだけじゃない、このクルマの真骨頂とは?


  • クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2013.1.27 試乗記 クライスラー300Cラグジュアリー(FR/8AT)
    ……538万円

    クライスラーのフラッグシップセダン「300」シリーズがモデルチェンジを受け、4年ぶりの新モデルとして日本市場に導入された。内外装ともに洗練された新型はどんな風に進化したのか?
  • クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)【試乗記】 2005.10.7 試乗記 クライスラー 300C 5.7 HEMI(5AT)
    ……598万5000円

    クライスラーが誇る5.7リッターV8OHVエンジン「HEMI」を搭載するサルーン「300C 5.7 HEMI」。なにもがデカく、誇らしげなアメリカンサルーンは、旧来のアメ車とはひと味違うらしい。


  • クライスラー販売終了は影響するか?
    日本におけるアメ車のこれからを考える
    2018.2.23 デイリーコラム クライスラー車の国内における正規販売が終了。これは、日本市場でのアメリカ車衰退を示しているのか、それとも、単にクライスラーブランドに限ったことなのか? わが国における、アメリカ車のこれからについて考えた。
  • フィアット クライスラー ジャパン フルラインナップ試乗会/ジープ、クライスラー編【試乗記】 2013.8.23 試乗記 経営統合によってフィアット クライスラー ジャパンが設立されてから1年あまり。ディーラーネットワークの拡充計画が発表されるなど、ここにきて同社の周辺がにぎやかになってきた感がある。同社のオールラインナップ試乗会、後編は4WD仕様を加えた「ジープ・コンパス」を中心にリポートする。
ホームへ戻る