日産、「デルタウイング」などを出展【東京オートサロン2013】

2013.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン2013】日産、「デルタウイング」や「ジュークNISMO」などを出展

日産自動車は、2013年1月11日に開幕したカスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2013 with NAPAC」に、2012年のルマン24時間耐久レースに特別参戦したレーシングカー「デルタウイング」や、クロスオーバーSUV「ジューク」のスポーツバージョン「ジュークNISMO」などを出展した

■NISMOのDNAを取り入れた「ジュークNISMO」を発表

日産のブースで目を引いたのは、2012年のルマン24時間レースに参戦したレーシングカー「デルタウイング」だ。
その革新的なスタイリングで注目を集めたものの、アクシデントで惜しくもリタイア。その後、同年10月に開催されたアメリカン・ルマンシリーズ最終戦(アトランタ)では、総合5位で完走したマシンである。
通常のレースカーが消費する半分の燃料、半分のタイヤで完走することを目的に製作された「デルタウイング」は、実際に目にすると想像以上の“細長さ”で、よくぞこの小さなボディーでルマンを走ったものだと驚かされた。

そしてもうひとつの注目は、「ジュークNISMO」の発表だ。
2011年の第42回東京モーターショーにコンセプトカーとして「ジューク NISMO コンセプト」が出展されていたが、NISMOブランド戦略の第1弾として「ジュークNISMO」が市販化されることとなった。
会場ではプレス向けに発表会が開催され、開発中のテストドライバーを務めたNISMOレーシングドライバーのミハエル・クルム氏がゲストとして登場。「このクルマで奥さん(クルム伊達公子さん)と一緒に箱根を走りたい」と話した。

(文と写真=工藤考浩)

「東京オートサロン2013 with NAPAC」の日産ブース。
「東京オートサロン2013 with NAPAC」の日産ブース。
「日産デルタウイング」
「日産デルタウイング」
NISMOのチーフプロダクトスペシャリスト田中宏志氏(写真左)、NISMOレーシングドライバー ミハエル・クルム氏(写真右)。
NISMOのチーフプロダクトスペシャリスト田中宏志氏(写真左)、NISMOレーシングドライバー ミハエル・クルム氏(写真右)。
「日産ジュークNISMO」
「日産ジュークNISMO」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る