日産、「デルタウイング」などを出展【東京オートサロン2013】

2013.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン2013】日産、「デルタウイング」や「ジュークNISMO」などを出展

日産自動車は、2013年1月11日に開幕したカスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2013 with NAPAC」に、2012年のルマン24時間耐久レースに特別参戦したレーシングカー「デルタウイング」や、クロスオーバーSUV「ジューク」のスポーツバージョン「ジュークNISMO」などを出展した

■NISMOのDNAを取り入れた「ジュークNISMO」を発表

日産のブースで目を引いたのは、2012年のルマン24時間レースに参戦したレーシングカー「デルタウイング」だ。
その革新的なスタイリングで注目を集めたものの、アクシデントで惜しくもリタイア。その後、同年10月に開催されたアメリカン・ルマンシリーズ最終戦(アトランタ)では、総合5位で完走したマシンである。
通常のレースカーが消費する半分の燃料、半分のタイヤで完走することを目的に製作された「デルタウイング」は、実際に目にすると想像以上の“細長さ”で、よくぞこの小さなボディーでルマンを走ったものだと驚かされた。

そしてもうひとつの注目は、「ジュークNISMO」の発表だ。
2011年の第42回東京モーターショーにコンセプトカーとして「ジューク NISMO コンセプト」が出展されていたが、NISMOブランド戦略の第1弾として「ジュークNISMO」が市販化されることとなった。
会場ではプレス向けに発表会が開催され、開発中のテストドライバーを務めたNISMOレーシングドライバーのミハエル・クルム氏がゲストとして登場。「このクルマで奥さん(クルム伊達公子さん)と一緒に箱根を走りたい」と話した。

(文と写真=工藤考浩)

「東京オートサロン2013 with NAPAC」の日産ブース。
「東京オートサロン2013 with NAPAC」の日産ブース。
「日産デルタウイング」
「日産デルタウイング」
NISMOのチーフプロダクトスペシャリスト田中宏志氏(写真左)、NISMOレーシングドライバー ミハエル・クルム氏(写真右)。
NISMOのチーフプロダクトスペシャリスト田中宏志氏(写真左)、NISMOレーシングドライバー ミハエル・クルム氏(写真右)。
「日産ジュークNISMO」
「日産ジュークNISMO」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • 【ジュネーブショー2017】ルノーが新型「アルピーヌA110」を世界初公開 2017.3.9 自動車ニュース ルノーがミドシップの小型スポーツカー「アルピーヌA110」をジュネーブショーで世界初公開した。1970年代に活躍した同名のスポーツカーのリバイバルモデルであり、欧州では2017年の後半に、日本とイギリスでは2018年に発売される。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
ホームへ戻る