アバルトは「500」シリーズの新顔をお披露目【東京オートサロン2013】

2013.01.11 自動車ニュース
「アバルト595コンペティツィオーネ」
アバルトは「500」シリーズの新顔をお披露目【東京オートサロン2013】

【東京オートサロン2013】アバルト、セミATの「595」とマセラティとのコラボモデルを発表

フィアット クライスラー ジャパンは、「東京オートサロン2013 with NAPAC」にアバルトブースを出展し、「アバルト595」と「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」を公開したほか、2013年スーパー耐久シリーズに参戦することを発表した。

「アバルト595コンペティツィオーネ」のインパネまわり。
「アバルト595コンペティツィオーネ」のインパネまわり。
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」のレザーシート。
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」のレザーシート。

■ブースの主役は2台のニューモデル

今年のアバルトブースには、「アバルト500」シリーズのニューモデルである「アバルト595」と、特別限定車「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」の2台が展示された。

「アバルト595」は、仕様や装備を充実させた「アバルト500」シリーズの上級バージョンである。エンジンやシャシーは、従来の「エッセエッセ(esseesse)キット」装着車に準じたもので、エンジン出力はベース車を25ps上回る160ps。トランスミッションは「アバルト500」がMTのみの設定なのに対し、こちらは全車5段セミATとなっている。

ラインナップは、快適性や上質感を重視した「アバルト595ツーリズモ」(319万円)と、スポーツ性を重視した「同コンペティツィオーネ」(339万円)、カブリオレバージョンの「アバルト595Cツーリズモ」(349万円)の3種類で、発表同日(2013年1月11日)に販売を開始。今回は3グレードのなかから「アバルト595コンペティツィオーネ」が展示された。

もう1台の「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」は、「アバルト695トリブート フェラーリ」に続くコラボレーションモデルの第2弾。ボディーカラーには3層メタリック塗装の「ポンテベッキオ ボルドー」のみが設定され、足まわりにはマセラティのエンブレムをモチーフとした専用デザインの17インチホイールや、サンドベージュのレザーシート、JBL製のサウンドシステムなどが装備される。

パワートレインは「トリブート フェラーリ」と共通で、180ps/5500rpm、25.5kgm/3000rpmの1.4リッターターボエンジンと、5段セミATの組み合わせ。日本への割り当ては100台で、499万円の価格で2013年2月1日より予約受付が開始される。

これらのニューモデル発売のほか、今回のオートサロンではスーパー耐久シリーズへの参戦についてもアナウンスされた。

「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」のホイール。マセラティのエンブレムである「トライデント(三叉の銛)」をモチーフとしたスポークのデザインが特徴的。
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」のホイール。マセラティのエンブレムである「トライデント(三叉の銛)」をモチーフとしたスポークのデザインが特徴的。
フィアット クライスラー ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長(手前)と、スーパー耐久に参戦する「ムゼオ チンクエチェント レーシングチーム」のドライバー。(奥:左から福山選手、大文字選手、桧井選手)
フィアット クライスラー ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長(手前)と、スーパー耐久に参戦する「ムゼオ チンクエチェント レーシングチーム」のドライバー。(奥:左から福山選手、大文字選手、桧井選手)

出場チームは「museo cinquecento racing team(ムゼオ チンクエチェント レーシングチーム)」(代表:伊藤精朗氏)で、アバルトのドライビングセミナーである「アバルト ドライビング ファン スクール」が参戦をサポート。マシンには、欧州ではワンメイクレースにも用いられる「アバルト695アセットコルセ」が、ドライバーには福山英朗選手と桧井保孝選手、大文字賢浩選手の3人が起用される。

(webCG)

関連キーワード:
595コンペティツィオーネ695エディツィオーネ マセラティアバルト東京オートサロン2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5MT)【試乗記】 2016.3.22 試乗記 アバルトのパフォーマンスモデル「595コンペティツィオーネ」がマイナーチェンジを受けた。160psから180psに強化されて一段とスポーティーになった同車を、一般道、高速道路、そしてワインディングロードで試乗した。
  • 【フランクフルトショー2017】それぞれに存在感を示した日本メーカー 2017.9.18 自動車ニュース フランクフルトモーターショーにおける、日本メーカーの出展をリポート。ホンダの新しいEVコンセプトカーや、このショーで世界初公開された「スズキ・スイフトスポーツ」などに加え、2018年発売予定の電動スーパーカーも大いに注目を集めていた。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
ホームへ戻る