アバルトは「500」シリーズの新顔をお披露目【東京オートサロン2013】

2013.01.11 自動車ニュース
「アバルト595コンペティツィオーネ」
アバルトは「500」シリーズの新顔をお披露目【東京オートサロン2013】

【東京オートサロン2013】アバルト、セミATの「595」とマセラティとのコラボモデルを発表

フィアット クライスラー ジャパンは、「東京オートサロン2013 with NAPAC」にアバルトブースを出展し、「アバルト595」と「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」を公開したほか、2013年スーパー耐久シリーズに参戦することを発表した。

「アバルト595コンペティツィオーネ」のインパネまわり。
「アバルト595コンペティツィオーネ」のインパネまわり。
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」のレザーシート。
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」のレザーシート。

■ブースの主役は2台のニューモデル

今年のアバルトブースには、「アバルト500」シリーズのニューモデルである「アバルト595」と、特別限定車「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」の2台が展示された。

「アバルト595」は、仕様や装備を充実させた「アバルト500」シリーズの上級バージョンである。エンジンやシャシーは、従来の「エッセエッセ(esseesse)キット」装着車に準じたもので、エンジン出力はベース車を25ps上回る160ps。トランスミッションは「アバルト500」がMTのみの設定なのに対し、こちらは全車5段セミATとなっている。

ラインナップは、快適性や上質感を重視した「アバルト595ツーリズモ」(319万円)と、スポーツ性を重視した「同コンペティツィオーネ」(339万円)、カブリオレバージョンの「アバルト595Cツーリズモ」(349万円)の3種類で、発表同日(2013年1月11日)に販売を開始。今回は3グレードのなかから「アバルト595コンペティツィオーネ」が展示された。

もう1台の「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」は、「アバルト695トリブート フェラーリ」に続くコラボレーションモデルの第2弾。ボディーカラーには3層メタリック塗装の「ポンテベッキオ ボルドー」のみが設定され、足まわりにはマセラティのエンブレムをモチーフとした専用デザインの17インチホイールや、サンドベージュのレザーシート、JBL製のサウンドシステムなどが装備される。

パワートレインは「トリブート フェラーリ」と共通で、180ps/5500rpm、25.5kgm/3000rpmの1.4リッターターボエンジンと、5段セミATの組み合わせ。日本への割り当ては100台で、499万円の価格で2013年2月1日より予約受付が開始される。

これらのニューモデル発売のほか、今回のオートサロンではスーパー耐久シリーズへの参戦についてもアナウンスされた。

「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」のホイール。マセラティのエンブレムである「トライデント(三叉の銛)」をモチーフとしたスポークのデザインが特徴的。
「アバルト695エディツィオーネ マセラティ」のホイール。マセラティのエンブレムである「トライデント(三叉の銛)」をモチーフとしたスポークのデザインが特徴的。
フィアット クライスラー ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長(手前)と、スーパー耐久に参戦する「ムゼオ チンクエチェント レーシングチーム」のドライバー。(奥:左から福山選手、大文字選手、桧井選手)
フィアット クライスラー ジャパンのポンタス・ヘグストロム社長(手前)と、スーパー耐久に参戦する「ムゼオ チンクエチェント レーシングチーム」のドライバー。(奥:左から福山選手、大文字選手、桧井選手)

出場チームは「museo cinquecento racing team(ムゼオ チンクエチェント レーシングチーム)」(代表:伊藤精朗氏)で、アバルトのドライビングセミナーである「アバルト ドライビング ファン スクール」が参戦をサポート。マシンには、欧州ではワンメイクレースにも用いられる「アバルト695アセットコルセ」が、ドライバーには福山英朗選手と桧井保孝選手、大文字賢浩選手の3人が起用される。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

595コンペティツィオーネの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • FCA合同試乗会(前編)【試乗記】 2016.4.16 試乗記 大磯ロングビーチに特設のジムカーナコースが出現! FCAがフィアット、アルファ・ロメオ、アバルトの最新モデルを一度に試すことができる特別試乗会を開催した。前編では、刺激的な走りが身上の、アバルト各モデルの魅力をリポートする。
  • アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.1 試乗記 アバルト695トリブートフェラーリ(FF/5AT)
    ……569万5000円(テスト車=同じ)

    「フィアット500」をベースにチューンした「アバルト500」の、そのまたハイチューン版コンプリートカーが、「アバルト695トリブートフェラーリ」だ。“アバルト”と“フェラーリ”、ふたつのブランドを冠するスーパーハッチの乗り味は?
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る