プレミアムスポーツ版「ジュークNISMO」登場 【東京オートサロン2013】

2013.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン2013】 日産、「ジューク」のスポーツバージョン「ジュークNISMO」を発表

日産自動車は2013年1月11日、クロスオーバーSUV「ジューク」のスポーツバージョン「ジュークNISMO」を、東京オートサロン2013で発表した。同年2月1日より予約を受け付け、2月19日に発売する。

「ジュークNISMO」は、2011年12月に開催された第42回東京モーターショーで発表された、「NISMOブランド戦略」に基づくプレミアムスポーツバージョンの第一弾。
1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する「ジューク 16GT FOUR Type V」をベースに、最高出力を10psアップの200psとし、クロスレシオ化された7段マニュアルモード付きCVTを搭載。欧州でチューンされたという専用の足まわりが与えられる。

エクステリアでは、モータースポーツからフィードバックしたエアロダイナミクステクノロジーを取り入れた専用パーツを装着。Cd値を犠牲にすることなくダウンフォースを37%向上させている。

インテリアでは、アルカンターラ巻きのステアリングホイールや、赤い文字盤のタコメーター、スエード調素材を使用した専用シートなどが装備される。
価格は285万750円。

(文と写真=工藤考浩)

「日産ジュークNISMO」
「日産ジュークNISMO」

プレミアムスポーツ版「ジュークNISMO」登場 【東京オートサロン2013】の画像
発表会に出席したNISMOの宮谷正一社長(写真中央)、同社のチーフプロダクトスペシャリスト田中宏志氏(写真左)、NISMOレーシングドライバー ミハエル・クルム氏(写真右)。
発表会に出席したNISMOの宮谷正一社長(写真中央)、同社のチーフプロダクトスペシャリスト田中宏志氏(写真左)、NISMOレーシングドライバー ミハエル・クルム氏(写真右)。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ジュークの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • レクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」発売 2017.3.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年3月16日、レクサスブランドのラグジュアリークーペ「LC500」「LC500h」を発売した。価格は、ガソリンエンジン車のLC500が1300万円から1400万円までで、ハイブリッド車のLC500hが1350万円から1450万円まで。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その16) 2017.3.10 画像・写真 ベントレーモーターズは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、ラグジュアリークラスのEVを提案するコンセプトカー「EXP 12 スピード6e」などを披露した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る