プレミアムスポーツ版「ジュークNISMO」登場 【東京オートサロン2013】

2013.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン2013】 日産、「ジューク」のスポーツバージョン「ジュークNISMO」を発表

日産自動車は2013年1月11日、クロスオーバーSUV「ジューク」のスポーツバージョン「ジュークNISMO」を、東京オートサロン2013で発表した。同年2月1日より予約を受け付け、2月19日に発売する。

「ジュークNISMO」は、2011年12月に開催された第42回東京モーターショーで発表された、「NISMOブランド戦略」に基づくプレミアムスポーツバージョンの第一弾。
1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する「ジューク 16GT FOUR Type V」をベースに、最高出力を10psアップの200psとし、クロスレシオ化された7段マニュアルモード付きCVTを搭載。欧州でチューンされたという専用の足まわりが与えられる。

エクステリアでは、モータースポーツからフィードバックしたエアロダイナミクステクノロジーを取り入れた専用パーツを装着。Cd値を犠牲にすることなくダウンフォースを37%向上させている。

インテリアでは、アルカンターラ巻きのステアリングホイールや、赤い文字盤のタコメーター、スエード調素材を使用した専用シートなどが装備される。
価格は285万750円。

(文と写真=工藤考浩)

「日産ジュークNISMO」
「日産ジュークNISMO」 拡大

プレミアムスポーツ版「ジュークNISMO」登場 【東京オートサロン2013】の画像 拡大
発表会に出席したNISMOの宮谷正一社長(写真中央)、同社のチーフプロダクトスペシャリスト田中宏志氏(写真左)、NISMOレーシングドライバー ミハエル・クルム氏(写真右)。
発表会に出席したNISMOの宮谷正一社長(写真中央)、同社のチーフプロダクトスペシャリスト田中宏志氏(写真左)、NISMOレーシングドライバー ミハエル・クルム氏(写真右)。 拡大

関連キーワード:
ジューク日産東京オートサロン2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第86回:クルマはドイツ的発想に支配された? 2018.4.17 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第86回は「クルマはドイツ的発想に支配された?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ企画、第3弾。グローバル化で、デザインはどう変わったのか!?
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
  • 第84回:「このクルマは誰のデザイン?」 2018.4.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第84回は「このクルマは誰のデザイン?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ! 第2弾。デザインってどうやって決まるの?
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
ホームへ戻る