プレミアムスポーツ版「ジュークNISMO」登場 【東京オートサロン2013】

2013.01.11 自動車ニュース

【東京オートサロン2013】 日産、「ジューク」のスポーツバージョン「ジュークNISMO」を発表

日産自動車は2013年1月11日、クロスオーバーSUV「ジューク」のスポーツバージョン「ジュークNISMO」を、東京オートサロン2013で発表した。同年2月1日より予約を受け付け、2月19日に発売する。

「ジュークNISMO」は、2011年12月に開催された第42回東京モーターショーで発表された、「NISMOブランド戦略」に基づくプレミアムスポーツバージョンの第一弾。
1.6リッター直4ターボエンジンを搭載する「ジューク 16GT FOUR Type V」をベースに、最高出力を10psアップの200psとし、クロスレシオ化された7段マニュアルモード付きCVTを搭載。欧州でチューンされたという専用の足まわりが与えられる。

エクステリアでは、モータースポーツからフィードバックしたエアロダイナミクステクノロジーを取り入れた専用パーツを装着。Cd値を犠牲にすることなくダウンフォースを37%向上させている。

インテリアでは、アルカンターラ巻きのステアリングホイールや、赤い文字盤のタコメーター、スエード調素材を使用した専用シートなどが装備される。
価格は285万750円。

(文と写真=工藤考浩)

「日産ジュークNISMO」
「日産ジュークNISMO」 拡大

プレミアムスポーツ版「ジュークNISMO」登場 【東京オートサロン2013】の画像 拡大
発表会に出席したNISMOの宮谷正一社長(写真中央)、同社のチーフプロダクトスペシャリスト田中宏志氏(写真左)、NISMOレーシングドライバー ミハエル・クルム氏(写真右)。
発表会に出席したNISMOの宮谷正一社長(写真中央)、同社のチーフプロダクトスペシャリスト田中宏志氏(写真左)、NISMOレーシングドライバー ミハエル・クルム氏(写真右)。 拡大

関連キーワード:
ジューク日産東京オートサロン2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第85回:日産はカーマニアを切り捨ててる? 2018.4.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第85回は「日産はカーマニアを切り捨ててる?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏のインタビューに際し、いちカーマニアとして筆者は何を思うのか!? クルマ好きが“良し”とするデザインとは?    
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 第91回:日本独自のクルマ観は世界を変える? 2018.5.22 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第91回は「日本独自のクルマ観は世界を変える?」。元日産・中村史郎氏インタビュー第6弾。国産車が90%以上を占める日本市場、その特殊な環境から生まれた強みとは!? グローバル視点で考える。
  • 第84回:「このクルマは誰のデザイン?」 2018.4.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第84回は「このクルマは誰のデザイン?」。元日産のチーフクリエイティブオフィサー・中村史郎氏にカーデザインのイロハを学ぶ! 第2弾。デザインってどうやって決まるの?
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る