スバル/STIがモータースポーツ参戦体制を発表【東京オートサロン2013】

2013.01.11 自動車ニュース
「東京オートサロン2013 with NAPAC」のスバル/STIブース。
スバル/STIはモータスポーツ参戦体制を発表【東京オートサロン2013】

【東京オートサロン2013】スバル/STI、2013年のモータースポーツは「優勝あるのみ」

富士重工業と、そのモータースポーツ部門を担当するSTI(スバルテクニカインターナショナル)は、2013年1月11日に開幕したカスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2013 with NAPAC」において、コンセプトモデルやレーシングカーを出展するとともに、2013年のモータースポーツ参戦体制を発表した。

スバルテクニカインターナショナルの唐松洋之社長が、2013年のモータースポーツ参戦体制を告げる。
スバル/STIはモータスポーツ参戦体制を発表【東京オートサロン2013】
「スバルBRZ GT300」
スバル/STIはモータスポーツ参戦体制を発表【東京オートサロン2013】
会場には、2013年シーズンのレースを戦う主要メンバーが姿を見せた。写真右から3人目が、辰己英治総監督。
スバル/STIはモータスポーツ参戦体制を発表【東京オートサロン2013】

スバル/STIは、昨2012年に続き、オートサロンのプレスデイでモータースポーツの参戦体制を告知した。
エントリーが決まっているのは「SUPER GT選手権 GT300クラス」と「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」。さらに、「ヨーロッパラリー選手権(ERC)」や2013年から始まる「世界ラリー選手権2(WRC2)」をスバル車で戦うエントラントに対して、従来と同等の支援を計画していることも明らかにされた。

このうちSUPER GT選手権には、昨シーズンと同様に「BRZ GT300」で参戦する。前年は1勝もできなかったが、今年は初優勝のみならず年間タイトルをも狙う。「2012年も十分な速さは見せていた。欠点は理解できているので、(それさえつぶせば)今年は必ず勝てるはず」とは、総監督を務める辰己英治氏の弁である。

ニュルブルクリンク24時間耐久レースでは2011年、2012年と連続でクラス優勝を手にしている。三連覇が目標になるのは当然のこととして、「ただ勝つのではなく、その勝ち方で日本車のすごさ、スバルのすごさをアピールできるようにしたい」(辰己総監督)と4カ月後の“完勝”に意欲満々である。

会場には、これらのレースに出場するマシンのほか、さまざまなコンセプトモデルも出展された。

「フォレスターSPORT CONCEPT」は、SUVの「フォレスター」をローダウンし、オンロードにおける走行性能を高めたというモデル。
逆に都会派クロスオーバーである「インプレッサXV」をオフロード仕立てとした「XV SPORT CONCEPT」や、スポーツカーの「BRZ」に高輝度のボディーカラーやタンレザーの内装を与え“大人のドレスアップ”を演出した「BRZ Premium Sport Package CONCEPT」も来場者の注目を集めていた。

(webCG 関)

→スバルブース出展車両の詳しい写真はこちら

「インプレッサWRX STI」。写真のマシンは、今期のニュルブルクリンク24時間耐久レースに実際に出場する車両そのもの。
スバル/STIはモータスポーツ参戦体制を発表【東京オートサロン2013】
「フォレスターSPORT CONCEPT」。つや消しのボディーは印象的だが、油分と相性が悪いため、洗車どころか直接手で触るのもご法度なのだとか。
スバル/STIはモータスポーツ参戦体制を発表【東京オートサロン2013】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。