クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド(写真右):全長×全幅×全高=4880×1855×1455mm/ホイールベース=2875mm/車重=1720kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(204ps/5500rpm、31.6kgm/2000-4300rpm)/燃費=12.6km/リッター(JC08モード)/価格=655万円(テスト車=687万4000円/メタリックペイント<カバンサイトブルー>)=8万4000円 /レーダーセーフティーパッケージ=19万円/シートヒーター=5万円)

メルセデス・ベンツC180ステーションワゴン(FR/7AT)/E250(FR/7AT)【試乗記】

選ぶ価値あるエントリーグレード 2013.01.15 試乗記 メルセデス・ベンツC180ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド(FR/7AT)/E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド(FR/7AT)
……489万4000円/687万4000円

熟成が進む「Cクラス」「Eクラス」の1.8リッター直噴ターボ搭載モデルに試乗。スポーティーなしつらえが人気の「アバンギャルド」仕様の印象は?

「C180」に加わった“アバンギャルド”仕様

メルセデス・ベンツの看板モデルである「Cクラス」と「Eクラス」。そのラインアップのなかから、ベースグレードのひとつ上、つまり下から2番目の“準エントリーグレード”を選んで試乗した。

Cクラスはワゴンボディーの「C180ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」、Eクラスはセダンの「E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」。どちらも、1.8リッター直列4気筒直噴ターボエンジンと、スポーティーな装いが人気の“アバンギャルド”仕様を採用するのが共通点だ。

最初に試したのは、2012年7月に追加されたC180ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド。それまでのCクラスは、セダン、ワゴンともに、ベースグレードのC180は落ち着いた雰囲気の“エレガンス”仕様で、C200/C250/C350はすべてグリル内にスリーポインテッドスターが配される“アバンギャルド”仕様だった。

C180でもオプションの「AMGスポーツパッケージ」を選択すればアバンギャルド風に変身できたが、人気のアバンギャルドをC180にも……ということから、ひとつのグレードとして独立したのがこのC180アバンギャルドということになる。

「C180ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」のインストゥルメントパネル。テスト車には、プッシュ式のスタートボタンと、パーキングガイダンス付きのパークトロニックがセットになった「ユーティリティパッケージ(12万円)」が備わっていた。
「C180ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド」のインストゥルメントパネル。テスト車には、プッシュ式のスタートボタンと、パーキングガイダンス付きのパークトロニックがセットになった「ユーティリティパッケージ(12万円)」が備わっていた。 拡大
「C180 アバンギャルド」のインテリア。シートは、メモリー付きの電動シートで、中央部がファブリック、その他の部分が人工皮革仕立てとなる。
「C180 アバンギャルド」のインテリア。シートは、メモリー付きの電動シートで、中央部がファブリック、その他の部分が人工皮革仕立てとなる。 拡大
「C180 アバンギャルド」には、フロントスポイラー、サイド&リアスカートがセットになった「AMGスタイリングパッケージ」と、アバンギャルドデザインの17インチ5ツインスポークアルミホイールが標準で備わる。
「C180 アバンギャルド」には、フロントスポイラー、サイド&リアスカートがセットになった「AMGスタイリングパッケージ」と、アバンギャルドデザインの17インチ5ツインスポークアルミホイールが標準で備わる。 拡大

熟成が進んだ「Cクラス」

価格は、素のC180がセダン:399万円、ステーションワゴン:419万円であるのに対し、C180アバンギャルドはそれぞれ50万円高の449万円と469万円。その中には、エクステリアをスポーティーに彩る「AMGスタイリングパッケージ」に加え、バイキセノンヘッドライトやLEDライトが装着される「アドバンストライトパッケージ」、メモリー付きパワーシートなどが含まれている。また、セダンでは、後席が分割可倒式になるのもうれしい点だ。

というわけで、スポーティーなエクステリアと快適装備が追加されるC180アバンギャルドなのだが、走らせてみると実に完成度が高く、満足のいく仕上がりの一台だった。

同じ1.8リッター直4ターボでも、C200が184ps/27.5kgm、C250が204ps/31.6kgmのパワー/トルクを発生するのに対し、このC180は156ps/25.5kgmとやや控えめ。しかし、比較的コンパクトなCクラスのボディーに対してパワーが不足しているどころか、余裕すら感じられるほど。5000rpm超までスムーズに吹け上がるエンジンが、ストレスのないドライブを楽しませてくれるのだ。組み合わされる7段オートマチックトランスミッションも洗練された動きを見せ、まるで嫌みがない。

乗り心地は快い硬さにしつけられ、フラット感もまずまず。17インチタイヤが、低速で多少ショックを伝えてくるが、気になるのはそのくらい。年を重ねるごとに機械としての完成度が高まり、デビュー当初は不評だったインテリアも質感がアップして、今や付け入る隙のないCクラス。その魅力は、このC180アバンギャルドでも存分に堪能することができた。

「C180 アバンギャルド」のリアシートは2:1の分割可倒式。
「C180 アバンギャルド」のリアシートは2:1の分割可倒式。 拡大
「C180 アバンギャルド」のラゲッジルーム。容量は、5名乗車時で450リッターを確保。後席を倒すことで、最大1465リッターまで拡大することができる。
「C180 アバンギャルド」のラゲッジルーム。容量は、5名乗車時で450リッターを確保。後席を倒すことで、最大1465リッターまで拡大することができる。 拡大
【スペック】C180ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド:全長×全幅×全高=4630×1770×1460mm/ホイールベース=2760mm/車重=1580kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/5000rpm、25.5kgm/1600-4200rpm)/燃費=13.2km/リッター(JC08モード)/価格=469万円(テスト車=489万4000円/メタリックペイント<パラジウムシルバー>=84000/ユーティリティパッケージ=12万円)
【スペック】C180ブルーエフィシェンシー ステーションワゴン アバンギャルド:全長×全幅×全高=4630×1770×1460mm/ホイールベース=2760mm/車重=1580kg/駆動方式=FR/1.8リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/5000rpm、25.5kgm/1600-4200rpm)/燃費=13.2km/リッター(JC08モード)/価格=469万円(テスト車=489万4000円/メタリックペイント<パラジウムシルバー>=84000/ユーティリティパッケージ=12万円) 拡大

「E250」の印象が変わった!

もう1台の準エントリーグレードであるE250ブルーエフィシェンシー アバンギャルドは、以前から用意されていたグレードだが、2012年5月の変更で“パノラミックスライディングルーフ”がオプション装備になり、価格が43万円引き下げられて655万円になった。ベースモデルの「E250ブルーエフィシェンシー」が595万円だから、プラス60万円でこのアバンギャルドが手に入るようになったのは、スポーティーな雰囲気を好むユーザーには見逃せないだろう。なお同時に、これまで設定のなかったE250のステーションワゴンにもアバンギャルド仕様が追加されている。

それはさておき、E250に乗るのは2009年にこのエンジンが追加されたとき以来だから、実に久しぶりである。その当時は組み合わされるトランスミッションが5段オートマチックで、Cクラスならまだしも、Eクラスには物足りないと感じたことを覚えている。しかし、その後の仕様変更でこのE250にも7段オートマチック「7Gトロニック」が搭載されており、内心期待しながらの試乗になった。

出足こそ1720kgという車両重量を感じさせるE250アバンギャルドだが、以前に比べるとその印象が薄らいだのは7Gトロニックのおかげだろう。そして、走りだしてしまえば、必要十分な加速を見せてくれるし、6000rpmを超えてもなお伸びるエンジンはなかなか頼もしい。
一方、18インチタイヤとスポーツサスペンションが装着されるアバンギャルドは、フラット感は抜群ながら、路面によってはタイヤがバタつくこともあった。それが気になるようなら、17インチタイヤとノーマルサスペンションを備える標準タイプのE250を検討してみるのもいいだろう。

いずれにせよ、1.8リッター直4エンジンと7段オートマチックトランスミッションを搭載するE250が、魅力的なグレードに進化したのは確か。燃費の点でもこのエントリーグレードをお薦めしたい。

(文=生方聡/写真=荒川正幸)

 
メルセデス・ベンツC180ステーションワゴン(FR/7AT)/E250(FR/7AT)【試乗記】の画像 拡大
「E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」には「AMGスポーツパッケージ」が標準装備され、内装ではAMGスポーツシート、AMGスポーツステアリングなどが備わる。
「E250ブルーエフィシェンシー アバンギャルド」には「AMGスポーツパッケージ」が標準装備され、内装ではAMGスポーツシート、AMGスポーツステアリングなどが備わる。 拡大
2:1分割可倒式のリアシート。(E250 アバンギャルド)
2:1分割可倒式のリアシート。(E250 アバンギャルド) 拡大
外装ではAMGデザインのフロントバンパー、サイド&リアスカートや、18インチAMGツインスポークアルミホイールなどが装着される。(E250 アバンギャルド)
外装ではAMGデザインのフロントバンパー、サイド&リアスカートや、18インチAMGツインスポークアルミホイールなどが装着される。(E250 アバンギャルド) 拡大

関連キーワード:
Eクラス セダンCクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ試乗記

あなたにおすすめの記事