ミツオカ、「ビュート」20周年特別仕様車を発売

2013.01.10 自動車ニュース

ミツオカ、「ビュート」の20周年記念特別仕様車を発売

光岡自動車は2013年1月10日、「ビュート」の誕生20年を記念した特別仕様車特別仕様車「20th Anniversary」を発表した。1月11日に発売する。

「ビュート」は日産自動車の「マーチ」をベースに、光岡自動車が独自のクラシカルなカスタマイズを施したコンパクトカー。
1993年1月に初代が誕生し、2012年5月に3代目となる現行型がデビュー。この20年間の総生産台数は1万台を超える。
今回の特別仕様車は、「ビュート」のオプションで人気の高い、「本革シート」「ウッドタイプインパネ」「クラシックドアトリム」を標準装備とし、本革シートには20周年記念ロゴの刺しゅうが施されている。
またエクステリアには専用のボディーカラーを設定、記念のエンブレムが装着される。
価格は「12ST」の247万5000円から、「12LX 4WD」の315万円まで。

「20th Anniversary」の特別装備以下の通り。

・専用刺しゅう入り本革シート
・ウッドタイプインパネ
・クラシックドアトリム
・専用グリルバッジ
・専用Cピラーエンブレム
・専用トランクエンブレムステッカー
・専用ボディーカラー「クラシックホワイト」「ブラックローズパール」「ミッドナイトブラックパール」「ロイヤルグリーンマイカ」
・専用インテリアカラー「ダークレッド」「クリーム(新色)」

(文と写真=工藤考浩)

「ミツオカ・ビュート 20th Anniversary」
「ミツオカ・ビュート 20th Anniversary」 拡大

ミツオカ、「ビュート」20周年特別仕様車を発売の画像 拡大

ミツオカ、「ビュート」20周年特別仕様車を発売の画像 拡大

ミツオカ、「ビュート」20周年特別仕様車を発売の画像 拡大

ミツオカ、「ビュート」20周年特別仕様車を発売の画像 拡大
光岡自動車 河村賢整副社長(写真左)と同社のデザイナーを務める青木孝憲氏(写真右)
光岡自動車 河村賢整副社長(写真左)と同社のデザイナーを務める青木孝憲氏(写真右) 拡大

関連キーワード:
ビュートミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)【試乗記】 2012.7.4 試乗記 ミツオカ・ビュート 12LX(FF/CVT)
    ……336万2200万円

    クラシカルな外観が特徴の「ミツオカ・ビュート」がフルモデルチェンジ。3代目となる最新型の仕上がりは……? 上級グレード「12LX」で試した。
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • ミツオカが「ビュート」の25周年記念特別仕様車を発売 2018.1.18 自動車ニュース 光岡自動車は2018年1月18日、「ビュート」に特別仕様車「マイ ビュート 25周年記念特別仕様車」を設定し、同年1月20日から12月24日までの期間限定で販売すると発表した。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • 「ジープ・グランドチェロキー」に黒いアクセントが特徴の限定モデル登場 2018.7.10 自動車ニュース 「ジープ・グランドチェロキー」の特別仕様車「アルティテュード」が登場。台数135台の限定モデルで、外装を飾る黒い装飾パーツや、エアサスペンションやブラックスエード/レザーコンビシートなどといった、充実した装備が特徴となっている。
ホームへ戻る