テスラ、新型EV「モデルS」を日本初公開

2013.01.10 自動車ニュース
「テスラ・モデルS」
テスラ、新型EV「モデルS」を日本初公開

テスラ、新型EV「モデルS」を日本初公開

テスラモーターズは2013年1月10日、電気自動車「テスラ・モデルS」を東京・南青山のテスラ・ジャパン・ショールームで公開した。

「モデルS」の室内。ダッシュボード中央には17インチの巨大なタッチスクリーンパネルが備わる。
「モデルS」の室内。ダッシュボード中央には17インチの巨大なタッチスクリーンパネルが備わる。
スクリーンパネルの様子。Linuxをベースに開発された専用のOSで、車両に関わるさまざまな操作が可能なほか、地図表示やインターネットブラウザーの機能も搭載する。
スクリーンパネルの様子。Linuxをベースに開発された専用のOSで、車両に関わるさまざまな操作が可能なほか、地図表示やインターネットブラウザーの機能も搭載する。
バッテリーパックは床下に車体構造と一体化して設置されるため、トランクの容量も745リッター(後席をたたんだ場合は1645リッター)を確保している。モーターとインバーターはトランク下、後輪の間に備わる。
バッテリーパックは床下に車体構造と一体化して設置されるため、トランクの容量も745リッター(後席をたたんだ場合は1645リッター)を確保している。モーターとインバーターはトランク下、後輪の間に備わる。

「テスラ・モデルS」はアメリカの電気自動車(EV)専門の自動車メーカー、テスラモーターズが製造するEV専用設計の5ドアセダン。85kWhのバッテリーを搭載するモデルではフル充電で500kmの走行が可能。

公開された車両では、「モデルS」の特徴でもある、ダッシュボードに設置された17インチのタッチスクリーンパネルを使ったデモンストレーションが実施された。
このタッチスクリーンでは、エアコンの操作やサンルーフの開閉から車高の調整に至るまで、車体に関するさまざまな操作が可能となっている。

「モデルS」は、アメリカではすでにデリバリーが開始されているが、日本国内への導入時期や価格は未定。

(文と写真=工藤考浩)

エンジンのないボンネット下にはテスラが「フランク(トランク+フロントの造語)」と呼ぶ収納スペースがある。容量は150リッター。
エンジンのないボンネット下にはテスラが「フランク(トランク+フロントの造語)」と呼ぶ収納スペースがある。容量は150リッター。
ボディーの後左方に備わる充電口。日本で普及している急速充電器規格「CHAdeMO(チャデモ)」にもアダプターで対応する。
ボディーの後左方に備わる充電口。日本で普及している急速充電器規格「CHAdeMO(チャデモ)」にもアダプターで対応する。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)【試乗記】 2013.4.18 試乗記 テスラ・モデルS シグネチャー パフォーマンス(RR/1AT)

    日本でも今年中にデリバリーが開始されるというテスラのEV(電気自動車)サルーン「モデルS」。北米のEVベンチャーが初めて手掛けたフルオリジナルモデルを、日本の道で試した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
ホームへ戻る