テスラ、新型EV「モデルS」を日本初公開

2013.01.10 自動車ニュース
「テスラ・モデルS」
テスラ、新型EV「モデルS」を日本初公開

テスラ、新型EV「モデルS」を日本初公開

テスラモーターズは2013年1月10日、電気自動車「テスラ・モデルS」を東京・南青山のテスラ・ジャパン・ショールームで公開した。

「モデルS」の室内。ダッシュボード中央には17インチの巨大なタッチスクリーンパネルが備わる。
「モデルS」の室内。ダッシュボード中央には17インチの巨大なタッチスクリーンパネルが備わる。
スクリーンパネルの様子。Linuxをベースに開発された専用のOSで、車両に関わるさまざまな操作が可能なほか、地図表示やインターネットブラウザーの機能も搭載する。
スクリーンパネルの様子。Linuxをベースに開発された専用のOSで、車両に関わるさまざまな操作が可能なほか、地図表示やインターネットブラウザーの機能も搭載する。
バッテリーパックは床下に車体構造と一体化して設置されるため、トランクの容量も745リッター(後席をたたんだ場合は1645リッター)を確保している。モーターとインバーターはトランク下、後輪の間に備わる。
バッテリーパックは床下に車体構造と一体化して設置されるため、トランクの容量も745リッター(後席をたたんだ場合は1645リッター)を確保している。モーターとインバーターはトランク下、後輪の間に備わる。

「テスラ・モデルS」はアメリカの電気自動車(EV)専門の自動車メーカー、テスラモーターズが製造するEV専用設計の5ドアセダン。85kWhのバッテリーを搭載するモデルではフル充電で500kmの走行が可能。

公開された車両では、「モデルS」の特徴でもある、ダッシュボードに設置された17インチのタッチスクリーンパネルを使ったデモンストレーションが実施された。
このタッチスクリーンでは、エアコンの操作やサンルーフの開閉から車高の調整に至るまで、車体に関するさまざまな操作が可能となっている。

「モデルS」は、アメリカではすでにデリバリーが開始されているが、日本国内への導入時期や価格は未定。

(文と写真=工藤考浩)

エンジンのないボンネット下にはテスラが「フランク(トランク+フロントの造語)」と呼ぶ収納スペースがある。容量は150リッター。
エンジンのないボンネット下にはテスラが「フランク(トランク+フロントの造語)」と呼ぶ収納スペースがある。容量は150リッター。
ボディーの後左方に備わる充電口。日本で普及している急速充電器規格「CHAdeMO(チャデモ)」にもアダプターで対応する。
ボディーの後左方に備わる充電口。日本で普及している急速充電器規格「CHAdeMO(チャデモ)」にもアダプターで対応する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • テスラ・モデルS P85D(4WD)【試乗記】 2016.3.11 試乗記 2012年のデビュー以来、市場での好調が伝えられる、テスラのEV「モデルS」。大幅なパワーアップを果たし、自動運転機能をも装備した、その最新バージョンの走りを報告する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2016.9.27 試乗記 電気自動車・テスラのラインナップにSUVの「モデルX」が加わった。史上最も安全で、速く、高機能なSUVを目指して開発されたモデルXは、世界的なSUV人気を追い風に、テスラの顔になりうるか?
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る