新型「IS」にもスピンドルグリル【デトロイトショー2013】

2013.01.10 自動車ニュース

【デトロイトショー2013】レクサス、新型スポーツセダン「IS」を発表

トヨタ自動車は2013年1月10日、米デトロイトで開催される北米国際オートショー(通称:デトロイトショー、会期:2013年1月14日〜1月27日)において、スポーツセダンの新型「IS」を出展すると発表。内外装の画像を公開した。

画像が公開されたのは、新型「IS」にラインナップされるスポーティーグレードの「Fスポーツ」。「IS250」と「IS350」および新たに導入されるハイブリッドモデル「IS300h」の全3車種に設定されるもので、専用デザインの内外装が採用されている。

エクステリアでは、レクサスのデザインアイコンである「スピンドルグリル」や、ヘッドランプユニットから独立させられたL字型のクリアランスランプなどが特徴。足まわりには「Fスポーツ」専用の18インチアルミホイールが装着される。

一方インテリアには、「Fスポーツ」の専用装備としてレクサス初の新工法を取り入れたスポーツシートが装備される。メーターは、高性能スポーツカー「レクサスLFA」の意匠や機構を受け継ぐ可動式のコンビネーションメーターとなっている。

(webCG)

→新型「レクサスIS」のより詳細な写真はこちら

新型「レクサスIS Fスポーツ」
新型「レクサスIS」がデビュー【デトロイトショー2013】

新型「レクサスIS」がデビュー【デトロイトショー2013】

新型「レクサスIS」がデビュー【デトロイトショー2013】

新型「レクサスIS」がデビュー【デトロイトショー2013】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ISの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る